Digital Artworks TeeART Blog.

デジタルから穴ログまで、日々の改造・探索を綴ります ((((っ´ω`)っ

[戦跡] 千代ヶ崎砲台跡に行ってきた  2018-10-04

横須賀市にある千代ケ崎砲台跡。
ここは長らく自衛隊の管理地となっており、実際に利用されてきた。
数年前に自衛隊が撤退し、千代ケ崎砲台跡は遺構として整備されることになったようだ。
自衛隊撤退後、数回見に来たが、このレポートはその時の記録である。


hy160504_154931.jpg
自衛隊がここを利用していた時 は、周囲にはたくさんの警告看板が取り付けられており、近づくだけで警備犬に吠えられた。




hy160504_154934.jpg
周囲の柵も、ものものしい鉄条網が張り巡らされ、外部の者を寄せ付けなかった。




hy160504_154934b.jpg
しかし最近になり自衛隊が撤退したため、 ( もし敷地内に入り込むことが出来れば ) 内部を自由に見ることが出来るようになったのだ。




hy160504_154934c.jpg
内部は自衛隊が整備し利用していたからか、非常に状態が良い。
戦後金属泥棒に破壊された跡は一部見られたが、基本的には当時のままの状態が保たれているようだ。




hy160504_155115.jpg
地下通路に面している弾薬庫に入ってみる。
内部には何も残されていない。




hy160504_154935.jpg
弾薬庫の間にある通路を進んでいく。
その先の階段から、上部へと上がれるようだ。




hy160504_155122.jpg
階段を上がると、どこからか流入した土砂が床面を埋めつくしていた。




hy160504_155119.jpg
既に乾いているため歩くのには支障がなかったが、結構な量だ。




hy160504_155104.jpg
突き当りまで行くと、大量の土砂が流入している個所が。
この向こう側は砲台があったはずだが訪問時は完全に埋められていた。




hy160504_00520.jpg
この航空写真は自衛隊使用時の物だが、画面中央の四角く見える下に、砲台が2つ(4門)埋められていたのだ。




hy160504_005201.jpg
ちなみに 2018年時点では、全て掘り起こされてこのような状態になっている。




hy160504_162137.jpg
完全に埋められていたものをここまでするのには、かなりの費用がかかっているはずだ。




hy160504_155203.jpg
砲台へ続く掩蔽部の一部には、崩れたレンガが散乱している個所も。





hy160504_155302.jpg
地階にある弾薬庫の上部にある小部屋には、弾薬を持ち上げる揚弾井の穴が開いていた。
真っ暗な中にいきなりの大穴なので、注意が必要だ。




hy160504_155645.jpg
これ以上はどこへも行けないので、再び地階へと戻る。




hy160504_155857.jpg
地階にある井戸。
地階と言っても、地上からスロープで地階へ下っており、上部が開けている場所もあるため太陽の光が差し込んでいる。




hy160504_160122.jpg
右手に写っている弾薬庫には金属の扉が取り付けられているが、これは自衛隊が整備していたものだろう。




hy160504_160125.jpg
同じ位置から後ろを振り返る。
この位置から掩蔽部なのだが、一部天井部分が開けているために光が差し込んでいる。




hy160504_160317.jpg
鉄扉が取り付けられている弾薬庫の中に入ってみる。
内部には、ボルト跡など、自衛隊が利用していた痕跡がたくさん残されている。
自衛隊が撤退した直後には、注意書きの張り紙や、一部の工具が残されていたが、それらは撤去されたようだ。




hy160504_160321.jpg
床の状態を見ると、何かを設置していたような跡も見受けられた。




hy160504_160453.jpg
他の通路も調べに行ってみる。




hy160504_160527.jpg
この木枠は当時の物っぽいな。




hy160504_160607.jpg
弾薬庫の中央上部に弾薬を上げる穴がある。




hy160504_160618.jpg
先ほど上から見た揚弾井を、今度は下から見上げた形だ。




hy160504_161106.jpg
このあたりは本当に良い雰囲気だ。
けど、整備された後は、階段には安全のための手すりが取り付けられちゃうんだろうな・・・。




hy160504_161107.jpg
以前は外側からしか見ることの出来なかった空間。
スロープに作られた掩蔽部が美しい。




090504_132440.jpg
この写真は、2009年にこの場所を外側から見たときのものだ。




hy160504_162136.jpg
掩蔽部の上部に上がり、砲台内部を見てみた。
この部分は埋められていなかったので、草が自生している。




hy160504_163250.jpg
先ほどの階段を上がり、上部が解放された掩蔽部を上から見下ろしてみる。
時期が良かったせいか、軍事遺構とは思えないような、何とも言えない雰囲気だ。




hy160504_165148.jpg
スロープを上から見下ろしながら歩いていく。




hy160504_165726.jpg
振り返ると、掩蔽部に続くスロープの上部にも入口が見えているが、内部は小部屋になっているだけだった。
それにしてもなんという美しい曲線だろうか。




hy160504_165828.jpg
という事で、今後も定期的にここは訪問していきたい。

関連記事

コメント

こりゃ一般公開が待ち遠しい

  • 2018/10/04(木) 21:46:23 |
  • URL |
  • おろろN #-
  • [ 編集 ]

これは素晴らしい~。観光資源にすることを目的に整備したんですかね?

  • 2018/10/04(木) 21:49:28 |
  • URL |
  • Kei #-
  • [ 編集 ]

>> おろろN さん
 かれこれ1年以上整備してるようですが、そろそろ公開されるんじゃ無いかと・・・(^_^;

>> Kei さん
 おそらく観光資源にするつもりだとは思うのですが、けっこう長いこと整備が続いてます。
 走水低砲台もあれだけちゃんと整備したのに、限定公開しかしてないのも疑問です。
 税金で整備しているんでしょうから、もっと多くの人に公開したらいいのに・・・。

ついに解禁しましたね! 自分も上げねば( *´艸`) 
10/25.27も特別公開出たようですが http://www.cocoyoko.net/event/nihonisanweek.html#nav
せめて週末だけでも常時公開してほしいですね。

  • 2018/10/05(金) 15:36:07 |
  • URL |
  • 空母欲奈 #xfUvgwh.
  • [ 編集 ]

>> 空母欲奈 さん
 完全に市の管理下になってるので、そろそろいいかなと・・・(^^;
 この後にもかなりの整備が入ってるみたいなんで、また見に行ってみます!!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://teeart.blog107.fc2.com/tb.php/457-2e12d7e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ