Digital Artworks TeeART Blog.

デジタルから穴ログまで、日々の改造・探索を綴ります ((((っ´ω`)っ

プラズマ切断機買ったので、ベンダーを作ってみた  2019-03-27

今までアルミを使用して、いろいろと作ってみたが、溶接が出来るようになったので、今度は鉄でいろいろと作るようになった。
しかし、アルミに比べ鉄はとても固いのだ。
棒状から切り出すのは割と簡単なのだが、平板から形を切り出すのは、本当に苦労する。
そこで今回、プラズマカッターを買ってみることにした。


z190320_211719.jpg
買ったのはこれ。
送料込みで 2万円を切っていた。
国産品の価格と比べると、本当に大丈夫なのかと思わせるほど安い。
電源は単相の 200Vなので、一般家庭での使用も問題ない。




z190320_212008.jpg
説明書は、英文の簡易な物が付属していたが、組み立て方の図などは一切ない。
まあ、この機械を買う人は、そのくらいの知識はあるという事か。

と言うわけで、まずはエアー入力周りを組み立てる。




z190320_214722.jpg
と言っても、レギュレーターにホースをつなぐだけだ。




z190320_214911.jpg
電源コードの先も、ただのバラ線になっているだけで、プラグは付いていない。
こういう機械は電源直結して使うものなのだが、とりあえずは事前に準備していた 200Vのプラグを取り付けることに。




z190320_221250.jpg
プラズマカッターの仕組みは簡単で、溶接機と同様に、トーチの先にアークを発生させ、溶かした金属をエアーで吹き飛ばすというものだ。
コレット等の消耗品は、このように簡単に分解できる構造だ。




z190320_221753.jpg
トーチに付いているスイッチを押すと、エアーが噴き出てアーク加工となる。




z190321_101529.jpg
それでは早速、プラズマカッターで金属を切断してみよう。
ボタンを押しながら、トーチの先端をワークに当てると、アークが発生。




z190321_101533.jpg
そのまま、トーチを動かすと、あっという間に鉄材が切断された。
エアの噴き出る音しかしないので、鉄を切っているとは思えないほど静かだ。




z190321_103004.jpg
簡単に鉄材が切断できるので、以前から欲しかった、丸棒を曲げるベンダーを作ることに。
ベンダーがあれば、鉄材を簡単にきれいに曲げる事が出来るのだ。
構造や使用方法は簡単なので後述するが、とりあえず作ってみることに。




z190321_103922.jpg
頭の中にしか設計図は無いが、どんどん部品を作っていく。




z190321_104648.jpg
そして、基本部分の部品が揃ったら・・・。




z190321_104718.jpg
部品を組み合わせ、溶接していく。




z190321_104935.jpg
市販の物 にベアリングは使用されていないが、手持ちが転がっていたので支点部分に使用することに。




z190321_105111.jpg
メインのアームに穴を開け・・・。




z190321_105302.jpg
ベアリングを組み合わせてみる。




z190321_110426.jpg
ベアリングを溶接し、固定する。




z190321_110811.jpg
そして、本体へと組み付ける。




z190321_111130.jpg
続いて、力点に穴を開けて・・・。




z190321_113442.jpg
丸棒を埋め込む。




z190321_114352.jpg
構造的にはこれで出来上がりだが、適当な棒を差し込んで力を加えられるように、角棒を取り付ける。




z190321_114643.jpg
場所はこんな感じでいいかな。




z190321_120431.jpg
よし、出来た!!!




z190321_120650.jpg
まずは、6mmの丸棒を曲げてみる。
このようにセットして・・・。




z190321_120655.jpg
力点に力を加えていくと・・・。




z190321_120701.jpg
このように、きれいに丸棒を曲げることが出来た。




z190321_121147.jpg
角度も位置も、基本的には自由自在だ。




z190321_121200.jpg
支点に使用しているベアリングの直径が、曲げ径となるので、2作目を作る際は、この部分のコマを交換できる方式で作ってみよう。




z190321_121504.jpg
6mm程度の丸棒なら比較的簡単に曲げられるので、今度は、手できれいに曲げることが難しい、9mmの丸棒で試してみることに。




z190321_121620.jpg
9mm丸棒をセットして・・・。




z190321_121703.jpg
にゅ~~っと。




z190321_121706.jpg
おおおっ、簡単に曲がった(^^)/




z190321_122719.jpg
力を加えるための棒の差し込み口が、横方向にもあると便利そうなので追加してみることに。




z190321_130802.jpg
でも、実際に使ってみたら、この肉厚だと強度が無さ過ぎて話にならなかったので、補強を入れてみた。




z190321_141240.jpg
とりあえず、実用に耐えるようになったので、黒く塗装する。
いろいろと付け足してかなり不格好だけど、錆びなければいいか。




z190321_141614.jpg
作製した丸棒ベンダーを使用して、早速丸棒を加工していく。
バイク用のキャリアを改造したいのだ。




z190321_143127.jpg
溶接のつなぎ目も、ばっちり!!




z190321_143156.jpg
バイク用のキャリアの高さを増したいので、この枠を追加するのだ。




z190321_144949.jpg
適当なノリで足を溶接していく。




z190321_160758.jpg
100Vのアーク溶接でも、結構ちゃんと行くもんだ。
ハンマーで叩いても、外れる気配はない。




z190321_163054.jpg
角のアールが違うのが気になるが、コマを交換してアール値を変えられるベンダーを作ったら、また作り直せばいいか。




z190321_180328.jpg
そのままのノリで、傘立てなんかも作ってみた。




z190321_181906.jpg
うん、ホント、今まで出来なかった作業が出来るようになるのは最高だ(^^)/

関連記事

コメント

鍛冶屋か鉄工所かッ!
次は高炉と転炉だッ!

  • 2019/03/27(水) 21:14:19 |
  • URL |
  • おろろN #-
  • [ 編集 ]

>> おろろN さん

ペール缶を2重構造にして、セメント詰めて、炉を作ろうと画策していますよ(^^)/

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://teeart.blog107.fc2.com/tb.php/495-21e3e13e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)