Digital Artworks TeeART Blog.

デジタルから穴ログまで、日々の改造・探索を綴ります ((((っ´ω`)っ

[戦跡] 西浦砲台の左翼観測所を見に行ってみた  2019-06-19

横須賀市秋谷にある光雲寺。
その近くに、大正時代に陸軍によって作られた西浦砲台がある。
結局、地盤の悪さにより、配備前に計画は中止されたが、現在も、遺構はそのまま残されている。
今回は、その西浦砲台の観測所が山中に残されているというので、見に行ってみた。


nisur190421_030033.jpg
2019年のゴールデンウイークのちょっと前。
新潟県でスクートを滑りまくったあと、そのまま横須賀市へ向かう。
深夜に、静岡県から遠征してきた 空母欲奈氏 と落ちあい、駐車場にて車中泊。
明け方近くまで飲みまくってしまった。




nisur190421_085412.jpg
翌朝、 Yakumo氏あけ氏 と共に、4人で西浦砲台の左翼観測所へ向かう事に。




nisur190421_092300.jpg
西浦砲台の観測所は、砲台から南へ 1Kmほどの山の山頂付近にあるという。
しかし、山頂付近には背丈を越える藪が群生し、遺構の発見は困難を極めるとか・・・。
大丈夫かな・・・。

立石付近から踏み跡を辿り、山を登っていく。




nisur190421_092831.jpg
わずかな踏み跡を辿りながら、山頂を目指す。
初夏の太陽が照り付けて、たちまち汗が噴き出してくる。




nisur190421_092847.jpg
どんどんと登っていくと、貯水槽のような遺構を発見。
コンクリートを見る限り、当時の遺構のようだが、観測所はこの付近なのだろうか。




nisur190421_094844.jpg
辺りを調べていると、標柱を発見。
確かにこの山は、陸軍の管轄地だったのだ。




nisur190421_094845.jpg
しかし、辺りをガサゴソするが、一向に観測所が見つけられない。




nisur190421_094846.jpg
背丈をはるかに超える竹藪の中をどんどんと進んでいくと・・・。




nisur190421_100639.jpg
徐々に、前方が明るくなってきた。




nisur190421_100641.jpg
藪の中から突然現れた、観測所遺構。




nisur190421_100643.jpg
藪の中で、コンクリートで作られた、この遺構部分だけが、草木の浸食を免れている。




nisur190421_101428.jpg
掩蔽部を通り抜け、手前にある小さな広場へと移動する。




nisur190421_101435.jpg
石積みされた階段が朝の光を浴びていい感じだ。




nisur190421_101446.jpg
階段を上がっていくと、砲台長の指揮所が。




nisur190421_101448.jpg
そして、鉄製の扉が据え付けてあったと思われる二つの大穴が。
なんだろう、これは。




nisur190421_101449.jpg
コンクリート上部には、太いボルトが突き出ている。
おそらく、鉄製の蓋があったのだろう。




nisur190421_101455.jpg
大きく開けられた穴を調べてみる。
穴は、すぐ下の、掩蔽部へと通じている。




nisur190421_101754.jpg
左側の穴。




nisur190421_101756.jpg
そして、これが右側の穴。




nisur190421_101756b.jpg
下側から見るとこんな感じだ。
伝声管かなとも思ったが、それだけの用途としては形がおかしい。




nisur190421_101757.jpg
何かの装備を行き来させていたのかも知れないが、確証は得られなかった。




nisur190421_102414.jpg
今度は、奥にある部屋を見に行ってみる。




nisur190421_102415.jpg
かまぼこ型の掩蔽部の真ん中を、レンガの壁で仕切っている構造のようだ。




nisur190421_102417.jpg
ドアのヒンジごともぎ取られた跡が残っていたが、当時は鉄扉が備え付けられていたのだろう。




nisur190421_104106.jpg
斜面をよじ登り、半地下構造の遺構全体を見てみる。




nisur190421_104316b.jpg
ほとんど訪れる人がいないだろう、この遺構だが、人知れず山中に当時のまま残されているというのがたまらない。




nisur190421_105600.jpg
十分に遺構を堪能したので、そろそろ山を下りることにする。
先ほどの激藪を抜けるのも大変そうなので、歩きやすい場所から山を下っていく。




nisur190421_110241.jpg
踏み跡も無いような山中を、少しずつ下っていくが、急斜面があったり、行く手を木々に阻まれたりで、なかなか降りることが出来ない。




nisur190421_111146.jpg
しかし、時折発見される旧軍の標柱により、まだ、軍の管轄地の中にいることが分かる。




nisur190421_111237.jpg
正直、撤収にこんなに苦労するとは思わなかった。
木々に電波が遮られ、GPSの位置情報も怪しくなってきた。




nisur190421_111857.jpg
あ、また標柱がある。




nisur190421_112632.jpg
という事は、ここはかつての軍道なのだろう。




nisur190421_113446.jpg
無理矢理高さを下げながら進んでいくと、やっと近年の踏み跡を発見。
これで、住宅地まで降りることが出来そうだ。




nisur190421_114117.jpg
という事で、横須賀市にある西浦砲台左翼観測所を見に行ってみたのだが、思った以上に到達が困難な物件であった。




nisur190421_123307.jpg
自分はこの後、用事があったため探索から離脱したが、このあと西浦砲台の本体にも訪問しているので、興味のある方は続きをどうぞ!

Yakumo氏レポ
空母欲奈氏レポ




関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://teeart.blog107.fc2.com/tb.php/507-3e8b95d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)