Digital Artworks TeeART Blog.

デジタルから穴ログまで、日々の改造・探索を綴ります ((((っ´ω`)っ

[戦跡] 大磯にある洞窟砲台を見に行ってみた  2019-12-20

JR大磯駅の北側にある山の斜面に、陸軍が構築した洞窟陣地があるというので、早速探しに行ってみた。


o_191215_095358.jpg
大磯駅から山肌の住宅地に向かい、舗装された山道をどんどんと登っていく。
今回は総勢6名の大所帯での探索だ。




o_191215_101655.jpg
地形図から目星をつけた個所に向け、山の斜面を下ってみる。
このあたりには、表面に何も書かれていない標柱がいくつか立っている。




o_191215_101933.jpg
斜面を移動しながら壕口を探すが、なかなか見つからない。




o_191215_102551.jpg
斜面に沿って時間をかけて探していくが、壕口らしきものは全く無い。
そこで、今度は山の反対側に回り込んでみることにした。




o_191215_103901.jpg
かなり急な斜面を滑り落ちるように下っていくと、コンクリート巻きの立派な砲口が現れた。
ポータル部分にはかなり分厚くコンクリートが巻かれている。




o_191215_103911.jpg
正面に立ち、内部を覗いてみる。
重厚なコンクリートの奥に、坑道が伸びているのが見える。




o_191215_103953.jpg
少し進んでみる。
坑道入り口部分のコンクリートが抉れている。
扉が付いており、ヒンジごともぎ取ったのか、それとも鉄枠がはめ込まれていたのか。
いずれにしても、戦後の鉄泥棒の仕業だろう。




o_191215_104316.jpg
どんどんと奥へと進んでみる。
コンクリート巻きの坑道の奥に、素掘りの坑道が見えている。




o_191215_104709.jpg
そのまま奥へと進んでいく。
素掘り部分になっても、ある程度の高さも横幅もある。




o_191215_104732.jpg
振り返って砲口方向を見てみる。
まるで、素掘りのトンネルのように、坑道が伸びている。




o_191215_104750.jpg
側面に横坑が掘られているので、見に行ってみる。
狭い坑道を進んで行くと・・・。




o_191215_104806.jpg
その奥は、小部屋のようになっているようだ。
食器が落ちていたが、これは戦後のものであろう。




o_191215_104844.jpg
振り返り、メインの坑道へと戻ることに。




o_191215_104959.jpg
メイン坑道を更に奥に進んで行く。
足場がだんだんと悪くなってきた。
奥に見える光は、壕口ではなく、誰かの懐中電灯の灯りかな?




o_191215_105027a.jpg
浅い水没をじゃぶじゃぶと進んで行く。




o_191215_105119.jpg
天井が一部崩落したのだろう。
壕床に土砂が堆積している。




o_191215_105219.jpg
土砂を乗り越え、今来た方向を振り返る。
坑道が途中から曲がっているので、もう壕口は見えない。




o_191215_105328.jpg
奥へ向かって、進んで行く。
また崩落だ。
天井がごっそり抜け落ちている。
そのまま一番奥まで進んでみたが、最後は土砂が堆積し、それ以上進めない状態だった。




o_191215_105633.jpg
これ以上奥も無いので、砲口に向かい戻り始める。




o_191215_105713.jpg
この洞窟砲台には、計3つの横坑があり、部屋が設けられていた。




o_191215_110109.jpg
砲室部分まで戻ってきた。
今秋の台風の影響なのか、木々が倒れまくっている。




o_191215_110459.jpg
もう一度内部方向を振り返る。
誰もいない壕内は光も無く漆黒に包まれていた。




o_191215_110505.jpg
一通り壕内を見て回ったので、ここを後にすることに。




o_191215_112646.jpg
12月にしては暖かい日差しだ。
紅葉した木々が頭上にあふれている。




o_191215_113516.jpg
大磯にはもう一つ地下壕があるというので、今度はそちらを探しに行くことに。
山を下り、ぞろぞろと住宅街を歩いていく。




o_191215_114608.jpg
途中の山肌になにやら怪しい建物を発見。
かなり古いものには違いないが、軍関係なのかは分からなかった。




o_191215_114743.jpg
更なる地下壕を探しに、適当な所から山に分け入る。




o_191215_114812.jpg
山肌にへばりつくようにして進んで行く。
眼下には大磯駅のホームが見えている。




o_191215_114915.jpg
周囲を探していくが、なかなか壕口が見つからない。




o_191215_120020.jpg
移動しながら辺りを探していると、壕口が見つかったとの一報が。




o_191215_120024.jpg
山肌にぽっかり開いたコンクリート巻きの壕口。
軍跡にしては、ちょっと違和感があるような気もするが、とりあえず内部を見てみよう。




o_191215_120233.jpg
内部を見てみると、足元には大きな穴が。
穴の内部には水が溜まっている。
壕口付近は、戦後に井戸として改良しているようだ。
先に潜っているメンバーから、奥はかなり深そうで、分岐もあるとの連絡が!!

次回、奥へと進んで行きます!

関連記事

コメント

探索に必ず携帯してるものってありますか?
登山系??
ハイエースにはフル装備ありそうですけど(笑)

  • 2019/12/20(金) 16:05:48 |
  • URL |
  • iwkmc #-
  • [ 編集 ]

必ず持っているのは予備の懐中電灯ですかねー。
地下壕の中だと、どんなに待っても目が慣れることはないし、携帯も完全に圏外になってしまうので、メインで使う懐中電灯以外に、予備の懐中電灯、そして、予備の予備の懐中電灯は必ず持ってます。
装備としては、極力軽くしたいので、水分とナイフ類、カロリーメイトみたいなちょっとした食糧は持って入ってます。
山歩きも多いですが、余程の場所じゃないとロープは持ち込まないです。
ま、基本的にはある程度の下調べや情報によって、持ってくものを決めている感じです(^^)/

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://teeart.blog107.fc2.com/tb.php/537-312fffde
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)