Digital Artworks TeeART Blog.

デジタルから穴ログまで、日々の改造・探索を綴ります ((((っ´ω`)っ

デジタルバックミラーの取り付けと、3連モニター製作 ~後編  2020-01-29

この記事は、前編 からの続きです。


dm200126_144337.jpg
自作した 3連モニターが取り付け可能な状態となったので、早速ハイエースに取り付けていくことに。
まずはダッシュボードに乗せて、配線を繋いでいく。
しかし、 3連モニターを作ったはいいが、外観がのっぺりしすぎて質感が悪い・・・。




dm200126_144428.jpg
試しにナビに取り付けているバイザーを乗せてみた。
うん、こんな感じでバイザーも作ろうかな。l




dm200126_144429.jpg
その前に配線を終わらせてしまおう。
ケーブルが見えているとかっこ悪いので、ダッシュボードの一部を切り、モニターから車両に配線を逃がすための切り欠きを作る。




dm200126_145910.jpg
配線処理はまとめてやってしまいたいので、ここでルームミラーモニターの配線も一緒にやっていく。




dm200126_150428.jpg
と言っても、ミラーモニターは電源線を Aピラーから引いてくるだけなので、簡単だ。
ミラーモニターに接続する、バックカメラは、天井から引き込み後方へ送っていく。




dm200126_153614.jpg
フロント部分の結線が終わったので、ダッシュボード周りは組み立ててしまう。




dm200126_154143.jpg
とりあえず 3連モニターがダッシュボード上に設置できた!




dm200126_160915.jpg
ルームミラーへ GPSユニットとバックカメラを接続し、軌道確認。
GPSの受信も問題なさそうだ。




dm200126_163552.jpg
あとは、バックカメラをリアハッチに取り付けるだけだ。
ケーブルはハイエースのサイズでも、天井を伝ってハッチまでなんとか届くようだ。
リアハッチの内張を外し、ケーブルを通していく。




dm200126_163645.jpg
カメラの場所は、やはりナンバープレートの上あたりがいいかな。
ケーブル長がぎりぎりだったので、キーシリンダーの横あたりからバックカメラのケーブルを出すことに。




dm200126_163957.jpg
接続コネクターが細いタイプなので、小さい穴を開けるだけでケーブルを通すことが出来た。




dm200126_164210.jpg
ちなみにこのままでは水が侵入してしまうので、エアコン配管用のパテで防水処理をする。




dm200126_164304.jpg
エアコン配管用のパテなら、カチカチになってしまう事も無いので、カメラの交換やメンテナンス等にも柔軟に対応できる。




dm200126_164900.jpg
カメラはリアガーニッシュの下に両面テープにて取り付けた。




dm200126_164934.jpg
これで各部の配線と取り付けが全て終了!!
早速動作をチェックする。




dm200126_164937.jpg
途中、確認をしながら作業を進めているので、動かないことは無いはずだが、やはり緊張する・・・。




dm200126_164946.jpg
キーをオンにすると、各種デバイスは無事に起動した。
ルームミラーモニターにも、バックの画像がちゃんと表示されている。

ちなみに、ルームミラーに映っているバックカメラの画角だが、スマホの操作のようにルームミラーを操作すると、映像を上下に振ることが出来る。
そして、画面上にある操作パネルは、もちろん非表示可能だ。
また、音声での操作も可能で、「フロントカメラ」と言うと表示されている映像がフロントカメラに切り替わるし、「写真!」と言うと、前後のカメラ映像が JPG で保存される。
分割画面での前後同時表示も可能だし、この価格としては文句のつけどころのない画質だし、ホント、技術革新による価格の低下には驚かされる。




dm200126_171913.jpg
もう本日は作業時間が取れないので、簡易なバイザーだけ作ってしまう事に。
アルミでちゃんと作るつもりだが、今回はプラバンを曲げて作ってみる。

プラバンやアクリル板を曲げる機械は市販されているが、ここには無い。
だけど、仕組み的には鉄のパイプの中に電熱線が仕込まれており、温度によって曲げるだけだ。
という事は、鉄棒を炙ればいけるのではないか!?

早速やってみる。




dm200126_172023.jpg
あまり熱くしすぎると、プラスチックに引火してしまうので、ほどほどの温度までにしておく。
レーザー式の非接触温度計で温度を測りながら、200℃程度まで加熱した。

その鉄棒にプラバンを当てると、うそのように簡単に、しかもまっすぐに板を曲げることが出来た。
この感じだと、温度調節さえしっかりやれば、厚いアクリル板も曲げられそうだ。




dm200126_191138.jpg
という事で、簡易なバイザーを作ったので、とりあえずは両面テープにて仮止め。
テカテカなプラバンのままなので、明るいところで見たらかっこ悪そうだけど、バイザー無しよりはマシかな。




dm200126_191139.jpg
高精細なデジタルルームミラーも付いたし、車両周囲を映している 3連モニターも付いたので、とりあえずは使ってみて今後は追加の機能を考えていこう。
3連モニターにも、小型のスイッチや LEDのインジケーターが付いたらかっこいいかも!!

大画面仕様の3連モニターも作ってみました
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://teeart.blog107.fc2.com/tb.php/546-0cd10c74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)