Digital Artworks TeeART Blog.

デジタルから穴ログまで、日々の改造・探索を綴ります ((((っ´ω`)っ

LEDで光る、サインボードを作ってみた  2020-05-06

以前、インスタ繋がりで、@oyamachokoku1967 さんから大量のアクリル板を頂いた。
今回はそのアクリル板を使って、サインボードを作ってみた。


SB200505_122253.jpg
端材と言うことで頂いた、大量のアクリル板。
これ以外にも、大小様々、そして厚みも様々なアクリル板を頂いてしまった(*´w`*)




SB200505_214557.jpg
とりあえずはプラスチックカッターで傷を付け、パキッと折って大きさを決める。
角は丸く削ってみたけど、今回の製作方法だと削る必要は無かったかな。




SB200505_214613.jpg
カッティングシートで表示させたい切り文字を作る。
光が透過しなければどんな色でも良いのだが、今回は艶ありのブラックで切ってみた。




SB200505_214818.jpg
そして、カッティングシートをアクリル板の表面に貼り付ける。




SB200505_215002.jpg
文字ずれ防止用のアプリケーションシートを剥がせば、これだけでもう、なんだか良い感じのプレートに見える。




SB200505_215204.jpg
LEDの光を拡散させるために、後ろ側に白い紙を貼ってみた。
だって、LEDのつぶつぶが見えちゃうとかっこ悪いでしょ。




SB200505_215338.jpg
早速、テスト用の LEDを裏から当ててみる。




SB200505_220044.jpg
うーん、なんだか光り方がいまひとつだ。




SB200505_220436.jpg
そこで今度は 2mm厚の白いプラ板を切って、後ろ側に貼り付けてみる。




SB200505_220452.jpg
うん、これなら良い感じだ。
LEDを近づけると粒が分かるが、10mmも離せば均一に光ってくれる。




SB200505_221241.jpg
次に光源の作製だ。
と言っても、12V仕様のLEDテープを適当な長さに切り、配線を繋ぐだけ。




SB200505_221322.jpg
こんなに明るくする必要は無いのだが、今回は爆光仕様で作ってみた。




SB200505_221351.jpg
LEDの上に作製したボードをかざしてみると、なかなか良い感じで光っている。




SB200505_221947.jpg
あとはケースに入れておしまいだ。
アルミを折ってケースを作ろうかとも思ったのだが、本体も軽く強度を求められる物でも無いので、工作用の厚紙で筐体ケースを作ることにした。




SB200505_222209.jpg
文字の後ろ側に、LEDテープを貼り付けて・・・。




SB200505_222437.jpg
筐体は両面テープでカッチリと組み付けられるように考えた。




SB200505_223008.jpg
筐体が厚紙のままだと見た目がアレなので、ビニールテープを周囲に巻いていく。
中の光が漏れるのも防止出来るしね。




SB200505_223532.jpg
裏側まできっちりとビニールテープを巻いておいた。




SB200505_223655.jpg
早速 12Vを入力してテスト点灯してみる。
うん、良い感じだ。
暗闇に、文字がきれいに光っている。
今回はブルーの LEDテープで作製したが、カラー LEDを入れれば、好きな色で光らすことも出来るし、リモコンで色を変えたり点滅させたりする事も出来るな。




SB200505_224117.jpg
と言うことで、1時間程度で完成!!
アクリル板はまだまだたくさんあるから、色々な文字でサインボードを作ってみようかな。
切り文字さえ用意出来れば、誰でも簡単に作れる構造なので、車両埋め込み用のカスタムにもオススメ(*´w`*)




SB200505_224638.jpg
ちなみに、車両用の 12V仕様で作ったが、9Vの 006P電池でも光るので、電池ボックス入れて、単体で光る仕様にするのもいいかも!


関連記事

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2020/05/09(土) 19:38:53 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]


公開して問題無い内容だと思いますので、公開コメントで大丈夫ですよ(´∪`*)
ちなみに、久里浜辺りにも地下壕はありますが、お手軽な物件であれば、夏島あたりが比較的簡単に入れるかと。
住宅地の場合、簡単に入れる壕口は基本的に塞がれてますので、ドロドロになりながら無理矢理入る所が多いですよ(*´w`*)

そうなんですね。夏島は知っているのですがそこそこ遠いもんで笑

  • 2020/05/10(日) 11:14:38 |
  • URL |
  • あきひさ #-
  • [ 編集 ]

>> あきひさ さん
ま、機会があれば地下壕ご一緒しましょ!!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://teeart.blog107.fc2.com/tb.php/559-d29e820a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)