Digital Artworks TeeART Blog.

デジタルから穴ログまで、日々の改造・探索を綴ります ((((っ´ω`)っ

水道用の配管パーツで、FFヒーターの吹き出し口を固定してみた  2021-03-02

先日、FFヒーターの配管の取り回しを改良したのだが、荷室の吹き出し口が固定されておらずプラプラしているので、ジョイントをつけて固定することにした。


gr210206_162800.jpg
これが、施工前の状態。
上向きの配管を倒れないようにバンドで固定してあるだけなので、上に飛び出ててかっこ悪い。




FF210221_161822.jpg
今回作製する配管吹き出し口のジョイントには、水道配管用のねじ切りしてある 60mmのメクラ蓋を使用。
オスメスセットで 150円くらいだったかな。




FF210221_162505.jpg
蓋のままだと温風が抜けないので、中をくりぬいてしまう。




FF210221_162828.jpg
向こう側が買ってきたままの蓋。
手前が、中をくりぬいた状態。




FF210221_163306.jpg
メねじ側の外径が、FFヒーターの配管内部よりわずかに大きかったので、ほんのちょっとだけ周りを削り、配管の中にすっぽりと入るように加工した。




FF210221_163353.jpg
こんな感じで吹き出し口にねじがあれば、この先にいろいろとジョイントできるかなと。




FF210221_165008.jpg
吹き出し口のジョイントの固定は、その辺に転がっていた板の切れ端を使って作ることにした。
とりあえず、丸く穴を開けて・・・。




FF210221_165632.jpg
配管が緩めに入るように調整。




FF210221_165916.jpg
かなりスカスカだが・・・。




FF210221_170144.jpg
木の周りに合成皮革を巻くのでこれくらいがちょうど良いはずだ。




FF210221_171319.jpg
小さいので、引っ張りながら貼るのが難しい。




FF210221_171426.jpg
穴の部分にも切り込みを入れ、裏側へ引っ張り貼りこんだ。




FF210221_171554.jpg
とりあえず、見える範囲はきれいに貼れたかな。




FF210221_172049.jpg
力の加わる場所ではないのだが、想定外の荷重に耐えられるように、ある程度しっかりと固定することに。




FF210221_172509.jpg
合成皮革に大量のシリコンを吹いて、なんとか配管を圧入。




FF210221_173511.jpg
下側のL字アングルのほかに、上面のアルミパネルにて、しっかりと固定した。




FF210221_173553.jpg
これで、完成!!




FF210221_173625.jpg
使わないときには、蓋も出来てばっちりだ。
しかも、この場所への設置なら、リアシートも立つはずだ。




FF210221_174657.jpg
と、思っていたのだが、あれ、この場所じゃあ、リクライニング出来ないじゃん!!!




FF210221_175633.jpg
そこで、スライドドアぎりぎりの位置まで、取り付けをオフセットした。




FF210221_175730.jpg
この場所だと、リクライニングさせても、大丈夫そうだ。




FF210221_181239.jpg
配管の長さがちょっと長い気もするが、これにてとりあえずは完成。
キャップが素のままだから、オレンジ色に塗ってみよう。




FF210221_182716.jpg
今後は、ここにつながるものを作っていこうかなと思ってるけど、吹き出し口以外にも、BOX型保温庫とかも出来るよね (^^)/



関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://teeart.blog107.fc2.com/tb.php/615-88f178ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)