Digital Artworks TeeART Blog.

デジタルから穴ログまで、日々の改造・探索を綴ります ((((っ´ω`)っ

福島県二本松市にある航空機の草ヒロを見に行ってみた  2022-07-07

福島県の二本松市に、ゼロ戦(通称)のような機体が山中に放置されている場所があるというので見に行ってみた。



pl220507_182430.jpg
googleの航空写真を見ると、確かにゼロ戦のようなものが映り込んでいる。
とりあえず、現地に行ってみよう。




pl220507_180513.jpg
その場所を目指して車を走らせる。




pl220507_180518.jpg
離合が難しそうな峠道を越えると・・・。




pl220507_181511.jpg
やがて前方に飛行機の機体が見えてきた。
うん、確かにゼロ戦のようにも見えるが・・・。
付近に車を停め、歩いて見に行ってみる。




pl220507_181600.jpg
機体は草むらの中に数体放置されていた。
遠目には本物っぽくも見えていたのだが、当然本物の訳はなく、どうやら鉄板を溶接にて組み合わせたダミー機体のようだ。
一体、誰が何のために!?




pl220507_181607.jpg
その答えは建てられていた看板に書いてあった。
なるほど、劇映画のセットという事か。
しかし今は2022年。
もしかして計画は頓挫してしまったのか!?




pl220507_181626.jpg
看板の奥に目をやると、奥にも何か置いてある。




pl220507_181638.jpg
これも劇映画のセットなのかは分からないが、こちらは本物の機体だ。




pl220507_181658.jpg
雨ざらしのため、内部もかなり傷んでしまっているようだ。




pl220507_181735.jpg
せっかくなので、コップピットを見に行ってみる事に。




pl220507_181745.jpg
飛行機には全く詳しくないが、何やらカッコいい操作レバーがたくさんある。




pl220507_181928.jpg
もう空を飛ぶことは無いと思うが、この機体がかつて空を飛んでいたと思うとなんだかワクワクする。




pl220507_182044.jpg
という事で、今度は本来の目的であるゼロ戦を見に行ってみる。




pl220507_182050.jpg
機体の下には風防も転がっている。
風防は、鉄のフラットバーとアクリル板をリベットにて組み合わせて作られていた。




pl220507_182104.jpg
羽根の部分はパイプと鉄板を溶接して作っている。
材料費だけでも結構かかっていそうだ。




pl220507_182136.jpg
奥の方の機体に足場があったので行ってみる。




pl220507_182419.jpg
上から見下ろすと、なかなかいい感じで作ってあるのが分かる。




pl220507_182431.jpg
胴体部分をのぞき込んでみると、ドラム缶を胴体の補強として使用していた。
何気に良く考えられている。




pl220507_182444.jpg
しかし、近づいてみるとかなりの大きさだ。




pl220507_182546.jpg
写真ではなかなか伝わらないが、これだけの大きさの機体が並んでいるのは壮観だ。




pl220507_182606.jpg
奥の草むらには、迷彩に塗られたドラム缶が大量に置かれていた。




pl220507_183249.jpg
という事で、劇映画のセットという落ち(?)であったが、見ごたえはなかなかの物だったので、機会があれば是非とも実物を見てもらいたいと思う。

場所


関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://teeart.blog107.fc2.com/tb.php/727-dcef7baa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)