Digital Artworks TeeART Blog.

デジタルから穴ログまで、日々の改造・探索を綴ります ((((っ´ω`)っ

ハイエースのセンターコンソールにMagSafe充電器を埋め込んでみた  2023-07-07

ハイエースのセンターコンソールに以前ワイヤレス充電器を埋め込んだ。
コンソールの上に携帯電話を置けば充電されるのだが、位置がずれると充電されなくなる。
そこで今回は、MagSafeという仕組みのワイヤレス充電器を埋め込んでみた。




HK230611_145126.jpg
MagSafeは元々アップル系デバイスが発祥なのだが、最近は MagSafe充電対応の Android向けケースもたくさん販売されている。
磁石でカチッとくっつくので、位置がずれないのが特徴だ。
早速センターコンソールを分解して中身を入れ替えていく事に・・・。



HK230611_145134.jpg
センターコンソールの蓋部分は3本の木ネジで止まっているだけなので、サクッと取り外す。




HK230611_151140.jpg
剥がしてしまった合成皮革は再利用は出来ないので、新しいものを用意しておく。




HK230611_151722.jpg
まずはステープラ針の取り外し。




HK230611_151924.jpg
打つのは楽ちんで楽しいんだけど、外すのは案外大変だ。




HK230611_152411.jpg
取り外した合成皮革は、真ん中の部分は使えそうなので、周りの穴の開いた部分を切り落として保管。




HK230611_152546.jpg
皮を剥がすとこんな感じ。




HK230611_152717.jpg
板自体は新しいものと入れ替える予定だったのだが、上面はまだまだきれいだ。




HK230611_152721.jpg
裏面だったステープラーの穴だらけの側を上側にすれば、問題無く使えそう。
切る手間も省けるしね。




HK230611_153030.jpg
今回は今までの廃材クッション材ではなくて、ちょっと高級なゴムマットを中に入れてみた。
ま、結果だけ言えば、皮を巻いてしまうと全く違いが分からなかったのだが・・・(^^;




HK230611_153935.jpg
MagSafe充電器がはまる部分に穴を開け・・・。




HK230611_154120.jpg
こんな感じにセットしてみる。




HK230611_154238.jpg
サイズも問題無さそうなので、両面テープで接着。




HK230611_154734.jpg
MagSafe充電器の厚みがゴムより薄いので、持ち上げる事に。




HK230611_154823.jpg
適当に発泡材剤を切り取り、ゴム厚と同じくらいにしてみた。




HK230611_155021.jpg
うん、いい感じかな。




HK230611_155550.jpg
表面の皮に丸い模様が浮き出ないように、テープで養生。




HK230611_160426.jpg
最後に合成皮革をタッカーで止めていく。




HK230611_161904.jpg
裏面は黒のアルミテープを貼って、ぼろ隠しを。




HK230611_163530.jpg
という事で、完成!!




HK230611_163956.jpg
木ネジで元通りに固定。
皮の両側の形がちょっと乱れているので、指でごにょごにょと形を整える。
蓋を閉めた時の固定は、前回の製作時同様にマグネットでがっちりと固定されるようにした。




HK230611_165722.jpg
また、蓋を開けた時はLEDライトが点灯。
この辺りも、前回と変わらず。




HK230611_174009.jpg
磁石で固定される感触は、皮の厚みがあるためそれ程のかっちり感は無いが、くっついてしまえば走行で動いたりは無さそうだ。




HK230611_174030.jpg
以上、センターコンソールに MagSafe充電器を埋め込んでみるレポでした!



関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://teeart.blog107.fc2.com/tb.php/779-ebd68de7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)