Digital Artworks TeeART Blog.

デジタルから穴ログまで、日々の改造・探索を綴ります ((((っ´ω`)っ

久しぶりに夏島と貝山に潜ってきた  2024-04-11

北海道行きのフェリーで仲良くなった探検部の大学生さん達と、夏島と貝山周辺の地下壕を見に行ってみた。



KT240121_083443.jpg
鎌倉駅近くで女子2人と待ち合わせる。
当日は生憎の雨模様だが、壕内に潜ってしまえば関係ないだろう。




KT240121_094033.jpg
夏島にて yakumo氏と合流し、4人で早速壕内へ。




KT240121_094932.jpg
夏島には多くの地下壕が残っているが、およそ 8年ぶりの訪問である。




KT240121_095417.jpg
久しぶりに潜ったが、内部の様子に大きな変化は無さそうだ。




KT240121_095840.jpg
巨大な掩体壕も健在である。




KT240121_100548.jpg
かなり崩落が激しい部分もあるが、この場所は以前よりこんな感じだ。




KT240121_100648.jpg
落盤により押しつぶされた車両は、原型が分からないほどに朽ちていた。
以前はもう少し車の形をしていた気もする・・・。




KT240121_101502.jpg
ご案内した二人は、大学の探検部に所属しているという事だが、軍事目的の地下壕に潜るのは初めてという事で、果敢にあちこち見て回っていた。




KT240121_102406.jpg
ここに来るたびに毎回違う場所に移動しているタンクローリーのおもちゃは、今回は掩体壕の土砂の上に置かれていた。




KT240121_103302.jpg
それにしても夏島地下壕の掘削はとてもきれいだ。




KT240121_103615.jpg
このまま人知れず放置されているのがもったいないな。




KT240121_104543.jpg
誰かが海軍食器の発掘に来たようで、床面に大量の海軍食器が散らばっていた。




KT240121_110333.jpg
門柱型クレーンの基礎部分が残されている巨大坑道。




KT240121_111115.jpg
そこから横坑へと入って行くと、天井にたくさんの碍子が残る非常にいい感じの坑道が。
ここは夏島の地下坑道の中で一番好きな場所だ。




KT240121_111355.jpg
奥に進むと大きな空間があり、木製クレーンの残骸が折り重なっている。




KT240121_111546.jpg
奥にあった木製の構造物も、かなり崩落が進んでしまった。
初めて来たときは、まだクレーンの柱も倒れずに残っていた物があったのを記憶している。




KT240121_111745.jpg
天井部分の吹き付けも剥離を始めている。
これもやがて剥がれ落ちてしまうのだろう。




KT240121_112704.jpg
地下壕は全てが接続されているわけではないので、一旦外に出て次の地下壕に向かう。
まだ冷たい雨が降っている。




KT240121_114319.jpg
夏島にあるたくさんの地下壕はそれぞれ用途が違い、構造自体も変化に富んでいて楽しめる。




KT240121_120508.jpg
残留物はほとんどが持ち去られてしまったが、通信機の残骸はまだ残されていた。




KT240121_120523.jpg
トランスはともかくとして、真空管が割れずに残っているのはすごいな。




KT240121_121903.jpg
1階部分の地下壕を一通り回ったので、周囲を調べながら上部へと進んで行く。




KT240121_124159.jpg
山肌には当時の軍道が残されている。




KT240121_124758.jpg
風の吹き抜ける2層目部分の壕も、ちょっとだけ見て回る。
広さはかなりあるのだが、この壕は基本的に碁盤の目になっているので、あまり面白味は無い。




KT240121_130320.jpg
久しぶりに山頂までやってきた。
朝方振っていた雨も、ほとんど止んでいる。




KT240121_133420.jpg
山頂には明治砲台時代の遺構が多数残されている。
以前来た時と状況はさほど変わっていないようだ。




KT240121_133507.jpg
斜面が滑り落ちたことにより半分崩落した掩蔽部。
そのうち全部落ちてしまうと思っていたが、意外にも持ちこたえている。




KT240121_134620.jpg
頂上にある監視鉄塔にスルスルと登り始める探検部女子。
さすがだ・・・。




KT240121_135414.jpg
いつかはあの上に行ってみたいと思っているのだが、自分は高いところは苦手なのである。




KT240121_135709.jpg
山頂の海軍柱も健在だった。
雨に洗われたおかげで、非常にきれいに見える。




KT240121_152152.jpg
雨も止んだので、本日最後はお隣の貝山地下壕へ。




KT240121_152818.jpg
まずは上部にある航海科の壕を回る。
壁に四角い掘り込みがある、特徴的意匠を持つ壕だ。




KT240121_160451.jpg
そのまま下部の壕へ。
この壕は貝山の1層目で一番有名な地下壕だ。
貝山の1層目には他にもいくつもの壕があるが、この壕のみ一般公開することもあるようだ。




KT240121_161252.jpg
内部を回っていると・・・。




KT240121_162302.jpg
何じゃこりゃ!?
知らない間にすっかり整備されているではないか!!
見学者用の安全対策なのだろうが、まるで貝山じゃないみたいだ。




KT240121_163943.jpg
一区画のみではあったが、すっかり管理区域となってしまっている。




KT240121_164721.jpg
管理された空間は何となく居心地が悪いので、荒れた区域を中心に壕内をうろうろ。




KT240121_165846.jpg
という事で、一日中地下壕に潜っていた一日だった。

今度は久しぶりにお隣の野島に潜りに行こうかな (^^)/


関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://teeart.blog107.fc2.com/tb.php/815-1df206a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)