Digital Artworks TeeART Blog.

デジタルから穴ログまで、日々の改造・探索を綴ります ((((っ´ω`)っ

[戦跡] 浦郷地下軍需工場探索  2009-11-26


貝山上部壕で遺構を発掘し、ファミレスで食事を終えた我々は、次に浦郷地下軍需工場へと向かった。
浦郷地下軍需工場は総延長が3Km近くある非常に大規模な壕である。
ただ、周辺ではマンション建設等の宅地開発が進み、正直この地下壕もいつまで無事でいられるかは分からない。



091004_153042.jpg
早速内部へと侵入する。
工場跡と言うことで坑道は幅、高さとも 4m程もある。
また、床面の一部はコンクリートにより固められていた。




091004_153726.jpg
ただ、たくさんある坑道のいくつかが、大量の土砂により埋め戻されていた。
基本的に碁盤の目状に掘削されているのだが、外部との接続口は数カ所しか残っていないようだ。




091004_154038.jpg
かなりの長さの坑道をどんどんと奥へ進んでいく。




091004_154739.jpg
ちなみにこの壕は、正式な調査が入っているようで、坑道の接続点ごとに写真にあるような杭が打ち込まれていた。




091004_155553.jpg
延々と続く坑道を更に進んで行くと…。




091004_155714.jpg
業者が施工したであろう埋め戻跡を発見。
コンクリートを流し込んでいるだけのようだが、土砂と違い年数によって沈んでくることも無いと思われるため、この方法で埋め戻された壕口からは今後侵入の手立ては無さそうである。




091004_155743.jpg
このすぐ上に建設中のマンション工事に関係する埋め戻しだろうか。
おそらく壕口からの距離であろう、『8.0』『10』という数字が壁面に書かれていた。




091004_161759.jpg
さらに進むと、坑道は激しく水没していた。
かなり濁っているため正確な深さは分からないが、入水者の証言によると、1m以上の深さがあるらしい。
この先を探索するのであれば、ウェーダーでなく、ゴムボートが必要そうである。




091004_162524.jpg
坑道の壁面に衣紋掛けを発見。
場所的に戦後に利用されていた場所では無さそうなので、当時の物であろうか。
現在の物とほとんど同様の意匠が興味深い。




091004_163356.jpg
壕内の探索を続けていると、廃車を発見。
壕にはいろいろな物が廃棄されているが、夏島、貝山と、ここらへんの壕には車が良く捨ててある。




091004_165022.jpg
年代物のダルマストーブを発見。
昭和中期くらいまでは使われていたらしいが、本物は初めて見た。




091004_165137.jpg
侵入したのとは別の壕口へ辿り着いた。
地図上だと、道路の下を横断してきたことになる。
木で組まれた柵には扉が据え付けてあったが、しっかりと施錠されていた。




091004_165138.jpg
この場所を外から見るとこんな感じである。




091004_171427.jpg
侵入口へ戻る途中に、階段状に掘削された坑道を見つけた。
スロープにするわけではなくこんなに長い階段形状に掘削してあるのは初めて見た。
もちろん理由があるのだろうが、床面を水平にしてあると言うことは、ここにも工作機械を設置していたのだろうか。




091004_172530.jpg
外に出て周辺の探索をしてみると、祠のすぐ横に巨大な壕口が!!
ブロックにて塞がれているが、上部に隙間がある。
浦郷地下軍需工場に繋がっているのだとは思うが、内部からはこの場所が特定できなかった。




091004_172820.jpg
一般住居の裏手には、たくさんの穴が開いているようだ。




091004_172832.jpg
とにかくたくさんの穴が見受けられた。




091004_172943.jpg
マンション工事関係者が設置したと思われる立入禁止の標章。
まあ、立入禁止と書かなくても、普通の人は入らないし、入る人は結局入るからあまり意味がないような。
むしろ、ここに穴があるよ的な目印になっちゃってる。




091004_173458.jpg
民家の車庫として再利用されている壕を発見。
国道16号沿いのタクシー会社の車庫として利用されている地下壕は有名だが、こんな所でも再利用されているとは…。
雨風も防げるし、正直、ちょっとうらやましい(*´ω`*)



091004_173904.jpg
浦郷地下軍需工場は、いくつかの地区に分かれており、この山の中にも地下壕が掘削されていると言うことだが、マンション建設のため、見事にハゲ山と化していた。
壕口は法面のコンクリートの下に埋もれてしまうのだろう。

我々はちょっとせつない気持ちで探索を終えた。




おまけ
091004_190754.jpg
今回発見した遺構の一部。
基本的に遺構は持って帰らないのだが、磨いてみたくて持ち帰ってきた。
左から、ヒューズ(又は電球)、碍子、薬莢。




091004_192948.jpg
ピカールという研磨材にてごしごししてみた。
頑張ればもうちょっときれいになりそうだ。


関連記事

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2009/11/29(日) 00:56:38 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

コメントありがとうございました。

コメントありがとうございます!
地下壕、戦跡等、いろいろと調査していきますので、今後ともご期待下さい!!

ところで、コメント、非公開設定になってますが!?

  • 2009/11/30(月) 00:11:56 |
  • URL |
  • tonotama #GHYvW2h6
  • [ 編集 ]

感動です

初めまして。大東亜戦争や旧日本軍、戦跡に興味があり偶然こちらを発見して貪るように読ませていただきました。

マニアにとってはたまらない戦跡の画像や詳細に圧倒されっぱなしで感激しちゃいました。

神奈川は私の生まれ育った場所だからなおさらです。観音崎のトンネルの部分だけは16年くらい前ですが肝試しとして夜中に行ったことがあります。
もっともそこが戦跡と言うのは最近知ったのですがこちらで細部を見ることができ不思議な気持ちです。

貴重な報告、とてもありがたいです。日本人としては知るべきだし戦跡は大切に残していきたいですね。応援してます!また見させていただきますのでよろしくお願いします。

  • 2010/01/03(日) 18:34:15 |
  • URL |
  • 伊蘭 #9L.cY0cg
  • [ 編集 ]

re : 感動です

コメントありがとうございます。
何か面白いネタ等ありましたら調査に行きますので、是非教えて下さい!
最近更新サボり気味ですが、コツコツと探索を続けていきたいと思いますので、今後ともよろしくお願いいたします。

  • 2010/01/03(日) 21:46:47 |
  • URL |
  • tonotama #GHYvW2h6
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://teeart.blog107.fc2.com/tb.php/82-42b09358
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ