Digital Artworks TeeART Blog.

デジタルから穴ログまで、日々の改造・探索を綴ります ((((っ´ω`)っ

[戦跡] 城ヶ島砲台跡  2010-02-26

三浦半島南端に位置する城ヶ島。
ここには大正時代に作られた砲台の痕跡が残っている。


091101_153540.jpg
城ヶ島公園の駐車場中央にそれはあった。
花壇へと姿を変えてしまっているが、おそらくここに砲台が据え付けてあったのだろう。
当時は空から秘匿するために、屋根も設けられていたそうだ。

そして、この駐車場の地下には、地下施設が残されているという!




091101_153805.jpg
駐車場の奥へと足を進め、薮の中へと足を進める。




091101_153916.jpg
しばらく進むと、掘り割りの奥に掩蔽部の入り口が見えてきた。




091101_153916b.jpg
旧日本軍によって迷彩柄に塗色された掩蔽部入り口部分。
褪色している物の、当時の様子を窺い知ることが出来る。




091101_154008.jpg
中をのぞき込んでみると、地下施設があることが分かる。




091101_154033.jpg
早速侵入していくと、50m程度の長い通路が続いている。
おそらく先ほどの砲台跡近くまで続いているのだろう。




091101_154045.jpg
また、掩蔽部入り口付近には、弾薬庫と見られる部屋が設けられていた。




091101_154247.jpg
同じ作りの弾薬庫が3つ並んで作られている。




091101_154305.jpg
弾薬庫の奥から、通路方面をふり返ってみる。
通路への出入り口の他に、弾薬庫どうしを結ぶ小さな通路が見えている。




091101_154437.jpg
再び長い通路へと戻り、通路の奥へと進んでいく。




091101_154437b.jpg
通路の途中、天井部分に山中に抜けている通気口があった。
通気口は通路の途中に3つ設けられていた。




091101_154437c.jpg
ちなみに、これが山中に突き出た通気口上部の様子。
直径 30cm程度の小さい穴のため、転落の心配は無いと思うが、なぜかゴミ箱がかぶせられている。




091101_154437c2.jpg
通路でふり返ってみるが、入り口部分からの光は全く入ってこない。
壕床には、どこから来たのか分からない瓦礫が敷き詰められている。
わざわざ運び込んだとは思えないが、内部にあった物とも考えられない。

謎である。




091101_154437e.jpg
通路の先端部分には、弾薬を砲台に上げるエレベーターが設置されていたようだ。




091101_154437f.jpg
エレベーターの設置部分に入ってみる。
落書きが多く、多くの訪問者がいることが伺える。




091101_155444.jpg
エレベーター部分の上部を見上げると、上層部分にも穴が続いているように見える。
弾薬をあそこで降ろしていたのだろうから、部屋なり施設なりあるのは当然であるが、高さが 5~6mあるため、上部の状況を窺い知ることは出来ない。

しかし、上部がどうなっているのかが気になる!!!
そこで後日、秘密兵器(ってほどじゃ無いケド…)を持参して、上層部を撮影してみた。

次回、上層部の様子 へと続きます!!

関連記事

コメント

じらしますね?

城ヶ島だけでも、洞窟陣地だけでも数箇所有るし、砲台も東と西、野砲陣地の機銃座等他にももろもろ楽しみです。
5回は更新出来るかな?

千代ヶ崎砲台は鉄条網で完全に侵入禁止にされてしまいましたね。
会長宅のせいですかね?
比与字につずき、工事や封鎖が増えています。

来月は、〇浦の新発見壕にご案内します。

  • 2010/02/27(土) 18:54:25 |
  • URL |
  • yakumo #-
  • [ 編集 ]

Re : じらしますね?

へへへ(笑)
一応、訪問日も違うし、出直したということで別記事にしようかなと。

確かに、城ヶ島はいろいろな遺構が残っていますので、いろんな記事が書けるかなv-218

  • 2010/02/28(日) 20:41:17 |
  • URL |
  • tonotama #GHYvW2h6
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://teeart.blog107.fc2.com/tb.php/89-841cae5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ