Digital Artworks TeeART Blog.

デジタルから穴ログまで、日々の改造・探索を綴ります ((((っ´ω`)っ

上越国際スキー場でスクートしてきたよ (='ω')ノ  2016-03-01

今シーズンもボチボチとスクートに行っている。
でも今シーズンはとにかく雪が少なく、シーズンインしたのも1月の下旬だった。
雪もそこそこ増えてきたので、今回は上越国際スキー場へと行ってきた。


_160226_222902.jpg
金曜日、仕事が終わり急いで準備をする。
時刻はもう 10時近い。




_160227_092902.jpg
深夜に上越国際の当間(あてま)ゲレンデ駐車場に到着。
そのまま乾杯して車中泊。
翌朝は良く晴れていて暖かい(*´ω`*)




_160227_092914.jpg
早速滑る準備をする。
今シーズン4度目のスクートだが、ここ上越国際スキー場に来たのは初めてだ。




_160227_094623.jpgぐるっと
とりあえずは、初めてのゲレンデと言う事で、全てのコースを回ってみる事にする。
と言っても、1日で回るにはあまりに広すぎるらしい。

ま、行けるところまで行ってみよう。




_160227_094631.jpg
上越国際スキー場の特徴は、丁寧に圧雪された天然雪のフラットなバーン。
雪質もとても良く、滑りやすいため、自分が上手くなったような気分になってくる(^_^;




_160227_102432.jpg
連絡リフトを乗り継ぎながら、どんどんとゲレンデを滑って行く。
とにかく広い。
頻繁にコース図を確認しないと、自分のいる場所が分からなくなる。




_160226_map.jpg
<<クリックで別窓拡大>>
コース図右上の当間駐車場を出発し、一通り回ってここに戻ってくると言う作戦だ。




_160227_105400.jpg
当間山山頂までやってきた。
ここからの眺めは最高だ。




_160227_111442.jpg
登ったり滑ったりを繰り返しながら違うエリアへと移動を続ける。




_160227_113429.jpg
エリア間はリフトでつながれていたり細いコースでつながれていたりなのだが、なんなんだここは(*´д`*)
これって完全に道路だよね(^_^;




_160227_114919.jpg
上越国際スキー場のメインゲレンデ付近では、スキーの大会が開かれていた。




_160227_120949.jpg
と言う事で、お昼を回ったので昼食をとる事に。
モツ煮丼が名物!?ということで、がっつりと頂きました。
うん、美味しかった。




_160227_123743.jpg
お腹もいっぱいになり、次なるゲレンデへ。




_160227_123926.jpg
このスキー場は本当にどのバーンもフラットで滑りやすい。




_160227_124217.jpg
メイン駐車場がある建物付近の地形は複雑で、まるですり鉢のようなゲレンデだ。
このあたりは家族連れで賑わっていた。




_160227_131014.jpg
当間エリアに戻るために、リフトの乗降と滑走を繰り返す。
エリアによっては本当に空いているので、いろいろとトリックの練習が出来そうだ。




_160227_134548.jpg
移動を繰り返しているうちに、午後2時近くになってしまった。




_160227_135423.jpg
滑走距離や移動距離が長いので、思っていたよりも体力を消耗する。
とりあえずコーヒー休憩(*´д`*)




_160227_162327.jpg
夕方近くになって、やっとクルマを駐めた当間エリアへと戻ってきた。
リフト終了の 17:00まで、このエリアを繰り返し滑ることにした。




_160227_164803.jpg
あまりの広さで、ホント、一日があっという間だったが、そろそろ帰る事に・・・。




_160227_165155.jpg
しかし、一日でいろいろなスキー場に行った気分になれるスキー場だった。




_160227_165212.jpg
24時間開放しているトイレもなく、暗い山道を越えた場所にあるため、車中泊には適さないが、今シーズン、もう一度くらいここにも来ようかな。


キックボードに色を塗ってみた  2015-07-22

スクートに最後に行ったのは5月のこと。
あれから2ヶ月経つが、雪山が待ち遠しい~、スクート乗りたいー(*´д`*)
ってことで、物置からキックボードを引っ張り出してきた。


__150620_124117.jpg
もちろんスクートとは乗り味も全く異なるが、とりあえず気分だけでもということで…。
でもステップ部分がとてもショボイので、ちっさいスケボーのボード部分をステップとして加工することに。




__150620_124837.jpg
リアタイヤ前の余計な出っ張りをサンダーにてざっくりと切断。




__150620_125804.jpg
その形に合わせて、スケボーのボード部分を加工していく。




__150620_130400.jpg
あとはネジ止めするだけで…。




__150620_132337.jpg
あっという間に完成(・´ω`・)
でも、錆がすごくてボロボロなんで、色も塗ってみることに。




__150620_132337a.jpg
フレームだけにするために、キックボードをバラバラにしていく。




__150620_132337d.jpg
あっいう間にバラバラに。




__150620_132337e.jpg
そして錆取りクリームを塗り込んで…。




__150620_132337f.jpg
しっかりとシャンプーで脱脂して塗装準備完了!!




_2015-07-10 213308
オレンジ色に塗るので、まずは発色を良くするために下地を白で塗っていく。
家の壁も塗られているが、ここは専用の塗装ブースなので問題なし( ^ω^)




_2015-07-11 172732
白い塗料が乾いたら、続いてオレンジ色を重ねていく。
うん、いい色が出てる(*´ω`*)




_2015-07-14 192310
そのまま数日放置し、ある程度塗料が固まったので、早速組み付けていく。




_2015-07-14 193237
ハンドルとグリップは、倉庫に転がっていたスクートで昔使っていた物を取り付けた。




_2015-07-14 194302
ブレーキワイヤーは準備が間に合わなかったので、とりあえずは純正をそのまま組み付けた。




_2015-07-14 194446
ホイールもかっこいいのが売っているようだが、こちらも純正の樹脂ホイールを組み付ける。




_2015-07-14 200301
あとは前後のブレーキを取り付けて完成(^^)ノ




_2015-07-14 225641
ステップの横幅がちょっと足りない感じなんで、また何か考えよう(*´д`*)

スクートの痛板作ってみた  2015-06-09

先日奥只見へスクートしに行った時、痛板で滑ってる人と一緒にゲレンデを回った。
その記事 の中で、これは真似したい(^O^)と書いていたのだが、ガレージを整理していた時に昔使っていたスクートのフロントボードが出てきたので、早速痛板を作ってみた。


_150608_201600.jpg
まずはインターネットからゲレンデに合いそうなポップなイラストを探してきて、ステッカー用の耐水シートに印字する。




_150608_230505.jpg
次に、UVカットの透明シートを耐水シートの上にしっかりと密着させる。
この時ちゃんと空気を抜かないと後の仕上がりが悪くなるので、時間をかけしっかりと作業する。




_150608_230746.jpg
スクートのフロントボードの場合、A4が 3枚で収まる。
これを隙間無く並べて貼っていくという訳だ。
絵柄がぴったり合うように、カッターで微調整する。




_150608_230843.jpg
位置決めをしてまずは 1枚目。




_150608_231038.jpg
エア抜きをしながら、しっかりと密着させていく。
最後に回りをカッターナイフで切っていく。




_150608_231315.jpg
仮合わせ時にぴったりと位置が合うように切断したので、ずれないように合わせていけばOK。




_150608_231723.jpg
同様に 3枚目も貼っていく。




_150608_232656.jpg
あとは、スクートのフレーム取り付け用のボルト穴を切り取れば完成。




_150608_232712.jpg
ちょっと手間はかかるけど、2000円位で痛板完成!!
あ、でもリアボードも施工すると 5000円位かかっちゃうのか・・・(*´д`*)



_150608_232900.jpg
ちなみに、エッジが立っているボードに貼った時はこのままで滑っても問題無さそう。




_150608_232917.jpg
右のボードのように、エッジに丸みがあるものは、ドライヤーでよく馴染ませて、接着剤で防水加工しないと滑っているうちに剥がれてくるかもしれない。
ま、その辺は来シーズンにでも検証してみよう。




_150608_232918.jpg
と言うわけで、見よう見まねで作ってみたけど、思った以上の仕上がりだったんで、ハードオフとかでスノボの板を買ってきて、スノーボードの痛板も作ってみようかな。

前のページ 次のページ

FC2Ad

まとめ