Digital Artworks TeeART Blog.

デジタルから穴ログまで、日々の改造・探索を綴ります ((((っ´ω`)っ

ハイエースにサウンドシャキットを取り付けた  2016-11-15

サウンドサイエンス社が発売している、サウンドシャキット (sound shakit) という機械がある。
簡単に言うと、音を変化させるDSPのような物だ。
名前もなんだかとっても怪しいし、値段も新品だとそれなりの金額だが、 これ とか これ を再生したらものすごく良い感じではないか。
あと、ココ で、実機のコントローラーの調整と同じ事が体験できる。
ヘッドホンで聞いたら、ホントに凄い!
というか、本当にこの機械だけでこんな魔法のようなことが起こるのか!?
ちょっとこれは信じられない・・・。

と言うことで、中古だと2万円程度で買えるようなので、ヤフオクにて早速入手してみた。


_161025_205608.jpg
数日後に本体が届いたので、簡単なチェックをし、配線を加工する。
そのままの状態だと、配線が長すぎて自分には使い勝手が悪い。
と言うのも、この機械自体にもアンプが入っているのだが、ここから出た音をラインに変換し、アンプに入力するつもりなのだ。




_161025_210321.jpg
配線を短く切断し、新たなコネクターを作っていく。




_161025_214508.jpg
そして、そこらへんにあったスピーカーを、適当な段ボールに組み込み、再生テストをする。




_161025_214558.jpg
音源をスマホから入力して、コントローラーで音響効果を加えてみると、ちょっと信じられないほどの音が!!!
この機械の愛用者はしきりに、「いつも聞いている曲をこれを通して聴くと別物になる!」と言っていたが、その意味が分かった気がする。
確かにめちゃめちゃ気持ちの良い音になる。
いつも聞いている音源の音が、この記事の最初にあるサンプルみたいに変化した。
たとえるなら、映画館の音みたいになるという感じかな。
大音量でも、全く不快な感じがしない。
ナニコレヤバイ(((;゚Д゚)))




_161025_230208.jpg
もちろんピュアオーディオ系の音では無いが、映画館とかの、あの、臨場感のある音が好きな人にはたまらないのではないか。
いつも聞いている音楽があまりに気持ち良く再生できるので、テストしているのを忘れ、いろいろな曲を2時間以上再生しまくってしまった。




_161025_230339.jpg
という事で、とりあえず、このようなコネクターを作成し、車に取り付けることに。




_161025_230412.jpg
接続は、ヘッドユニットのスピーカーライン ⇒ サウンドシャキット ⇒ ハイローラインコンバーター ⇒ 外部アンプ の順に接続する。
この機械から出てきた音を、更に良いアンプにつなげば、きっと凄いことになると考えたのだ。




_161025_230421.jpg
ちなみに、サウンドシャキットにもアンプが内蔵されているが、出力電圧(レベル)が高くなりすぎないように、ダイヤルにて設定を変えることが可能だ。




_161025_230430b.jpg
では、早速取り付け開始!

現在ハイエースに取り付けているアンプも取り外し、配線を含めて全部引き直すことにした。
配線を保護するコルゲートチューブはモノタロウ等の専門ショップで購入すると、オートバックスやホームセンターで買うのがアホくさくなるくらい安価で購入できるので、絶対にオススメ!
同じ値段なら、10倍くらいの量が買えちゃいます。




_161026_205746.jpg
サウンドシャキット本体は、以前取り付けたアンプとの入れ替えだ。
そのままコネクタを差し替えれば良いように、コネクタを製作しておいたという事だ。




_161105_120408.jpg
そして、今まで使用していた Rockfordの安価な 5chアンプは、取り外すことに。
このアンプは音質やパワーは申し分なかったのだが、外部ノイズに弱い機種だったので、ハイエースに取り付けているインバーターとの同時使用が厳しかった。




_161105_122344.jpg
そして、ぐちゃぐちゃに埋もれた配線も取り外し、新しい配線と入れ替える。




_161105_230401.jpg
ヒューズ容量を変更するために、荷室ベッド下のサブバッテリーにアクセス。




_161105_235122.jpg
もはや、自分以外理解不能なくらいの配線に埋もれているが、とりあえず配線を作り変える。




_161106_002409.jpg
一通り配線のチェックをして・・・。




_161106_002446.jpg
ベッドをはめ込み、電源部分は終了!




_161108_210547.jpg
そして、まずは運転席部分のスピーカー用アンプの配線をする。
アンプは PBR300X4 という、4chアンプだ。
このうち 2chを使用して、ピラー埋め込みのツイーターとミッド用のドアスピーカーの配線をクロスオーバーネットワークにて分けていく。




_161108_214633.jpg
アンプとネットワークを壁面に取り付け、フロントはOK.
細かい調整は走ってから行う事に。




_161108_220136.jpg
続いて、リアのアンプの配線をしていく。




_161109_000103.jpg
リアに取り付けるアンプは、配線なしの動作品ジャンクを、格安で購入したものなので、まずはコネクターや配線を作成する。




_161110_220557.jpg
作った配線で簡単な動作テスト。
うん、問題なさそうだ。




_161110_224442.jpg
リア回りは、PBR300X4 と PBR300X2 だ。
4chのアンプにて、後室前部と後室後部のミッド用スピーカー。
2chのアンプにて、ベッド下に埋め込んであるウーファーを鳴らすことに。




_161110_232906.jpg
今回大活躍したのが、以前購入した精密圧着工具。
精密圧着工具は、3万円とか 5万円とかアホみたいな値段がする物も多いのだが、エンジニアより発売されているこの精密圧着工具は、実売価格も 4,000円程度と、とってもリーズナブルだ。




_161110_232906b.jpg
コネクター用の端子の圧着は、ギボシ用の圧着工具ではまるで対応出来ないので、一つ用意しておくとコネクターの製作には一生苦労することはないだろう。
コネクター自体も、1個 10円やそこらで購入できるので、コネクターや配線無しのジャンク機器を購入した時などにも重宝する。




_161112_000923.jpg
と言うことで、リア用のアンプの組み付けも完了!!

バリバリのオーディオマニアから見たら、電源ラインと音声ラインを平行に一緒に束ねちゃってるし、いろいろと気になる所もあるんだろうけど、自分は気持ちよく音楽が聴ければそれで良いんで、細かいことは気にしない(・∀・)




_161112_115012.jpg
運転席横のコンソール部分には、各部のスピーカーの音量を調整できるボリュームを設置した。




_161113_104556.jpg
このボリュームはラインレベルをパッシブに変化させるだけの物で、アマゾンで送料込みでも 1個数百円で買えるものだが、このアナログの操作感は1度使ったら手放せなくなるほどに便利だ。
液晶画面をポチポチとつついて調整するのと違い、運転中にもリニアに操作できる。




_161113_104552.jpg
ウーファーコントロールも、同様の物だが、こちらはカットする周波数の調整も可能だ。
アマゾンで送料込み 1000円程度だったが、とっても便利!




_161113_104556b.jpg
と言うことで、早速調整のために走りに行く!!!
車中泊もしたいしね(*´д`*)




_161113_115146.jpg
そして、高速道路のパーキングに車を駐め・・・。




_161113_115146b.jpg
駐車場でセッティングを変えて、また走ってみる。
とにかく、理屈とかじゃなくて、走行中に一番心地よく聞こえるように調整したいのだ。




_161113_123558.jpg
気になるところがあれば、その場で配線も作り直す。




_161113_125530.jpg
ツイーターのレベルも、何度も変更して走って比べてみる。




_161026_220422.jpg
そろそろ新潟県に入る頃、やっと良い感じの音になってきた。
聞いているだけで気持ちよすぎてヤバイ !
大音量にしなくても、音圧もあり気持ちよすぎる(*´w`*)



_161113_125530b.jpg
DSPやサラウンド系の音に否定的な人も多いけど、これはこれでアリかも知れないので、機会があれば是非、サウンドシャキットの体験を!
でも、同じような事がスマホの音楽再生アプリ等でシミュレーション出来るようになっちゃったんで、残念ながらこの機械自体、既に生産中止になっているとか・・・ Σ(゚ロ゚;)

ハイエースのDXに、S-GL用のピラー埋め込みツイーターを付けてみた  2016-10-24

ハイエースDXに、S-GLのツイーター埋め込みピラーカバーを取り付けてみた。


_161022_161021.jpg
ヤフオクで入手したピラーカバーがこちら。




_161022_162339.jpg
今付いている、DXのピラーカバーと比べると、S-GLの物は天井部分とは別パーツとなっている。




_161022_162714.jpg
でも、ボディーの形状は変わらないので、ちょっとの加工で取り付けできるはずだ。
とりあえず、純正のピラーカバーを外す。




_161022_163546.jpg
うん、基本的には形も一緒だし、DX用の物ををカットすればうまく行けそうだ。




_161022_163554.jpg
重ねてみてカットする場所を決める。
天井部分のパーツを下側に来るようにはめ込めば、仕上がりもきれいそう。




_161022_163647.jpg
とりあえず仮付けしてみる。




_161022_163834.jpg
そして、重ねり具合を考えて・・・。




_161022_164049.jpg
はさみで切断する。




_161022_164131.jpg
あとは切断したDXの天井部分パーツと、購入したSG-Lパーツををはめ込んでいく。




_161022_164336.jpg
仮付けの状態で、重なり部分を更に切断していく。




_161022_164832.jpg
カバー裏に通していた追加配線は、コルゲートチューブでまとめて天井部分に埋め込んだ。


_161022_165757.jpg
そして、天井部分のカバーを下側にして組み付ける。

うん、きれいに付いた!




_161022_172007.jpg
助手席側も同様に加工していく。




_161022_172042.jpg
ちなみに、カットしたのはマジックで線を引いたあたり。
少しだけ重なる位置でカットすれば、それほど気をつかわなくてもきれいに仕上がりそうだ。




_161022_175055.jpg
あとは、ツイーターの配線を作っていく。




_161022_175306.jpg
既存のツイーターの配線は、純正デッキからの配線なので、そちらは使用しないことにして、アンプの使用していないチャンネルから直接配線した。




_161022_211312.jpg
そして、アンプへの電源供給配線も交換してみる。
戸塚のアップガレージのジャンクコーナーで 100円で購入した、ケブラーカバー付きの電源ケーブル。
ぼろぼろだったけど、洗浄し、両端を切断し、収縮チューブを付け直して新品同様に!!




_161022_212422.jpg
その後、先日取り付けた最後尾のテーブルを付け替えることに。
テーブルの面積が小さすぎて使い勝手がいまいちだったのだ。




_161023_171032.jpg
先日作った物よりも大きい板でテーブルを作り、カッティングシートを貼り込む。
そして、上部に滑り止めのスポンジゴムをたくさん貼り付ける。
このゴムは、滑り止め効果がものすごく高い。
価格もこの量で 3000円程度と高価だったので、もったいないので隙間を空けて貼り付けた。
隙間が空くことによって、スポンジにかかる荷重も増すので、滑り止め効果もアップするはずだ。




_161023_172107.jpg
テーブルの後部側は増設した保護棒にがっちりと固定。
テーブル前部は天井のパイプよりワイヤーにて吊り下げる。

見た目はグラグラしそうなのだが、ワイヤーは上下の荷重のみを支えているので、かっちりと固定されている。
これなら走行中でも問題なさそうだ。




_161023_172500.jpg
そして、今まで取り付けていた、小さな天板。
これ、もったいないな。




_161023_172813.jpg
そこで、以前購入してそのまま倉庫で眠っていた、テーブル連結パーツを取り付けてみることに。




_161023_172825.jpg
このパーツは簡単に 3つに分割される。
真ん中のパーツを介して、両側のパーツががっちりと固定される構造だ。




_161023_172855.jpg
板にはパーツをねじ止めするだけだ。




_161023_173915.jpg
これで、板同士ががっちりと固定される。
強度はかなり高く、両側の板同士がぐらつく事は全くない。
ま、現在の取り付け方法だと、ワイヤーで吊っているので、耐荷重は 20Kg程度だけど、ちょっとした用途なら問題ないか。




_161023_173952.jpg
切り離しもものすごく簡単で、裏面のノブを引き・・・。




_161023_174031.jpg
そのまま引っ張れば・・・。




_161023_174034.jpg
この通り、簡単に分離可能だ。
こういうギミックは個人的に大好きなのだ(*´д`*)




_161023_174424.jpg
ゴムを貼り込んだテーブル(というか、荷物置き)も、滑り止め効果もものすごく高いので、この上に荷物を積んだまま走行しても、通常の走行なら荷物が落ちることもなさそうだ。




_161023_180348.jpg
という事で、この冬の車中泊は例年よりちょっと車内が広く使えるかな\(~o~)/

ハイエースの後部に棚を取り付けてみた  2016-10-20

ハイエースの最後尾に、折りたたみ式の小さな棚を作ってみた。
車中泊時に少しでも床面を広く取りたかったからだ。


_161016_203318.jpg
先日取り付けた ベッドキット下から引き出せる作業台 の使い勝手が非常に良かったため、車内にも実用的な棚を作ってみたくなったのだ。
板はホームセンターで売っている 1000円程度の物を使用した。




_161016_203324.jpg
棚を取り付けるのは最後尾に取り付けてある保護棒の上だ。
この保護棒は、ハイエースの純正の物。




131103_170609.jpg
以前、2段ベッドを作ったとき に純正のアタッチメントと共に、取り付けたものだ。




_161016_203926.jpg
設計図も書いていないので、いつも通りノリで作業を進めていく。

足となるパイプホルダーを取り付けて・・・。




_161016_205307.jpg
保護棒に引っかけるために汎用の金具を取り付けてみる。




_161016_210234.jpg
保護棒から外れないように、裏側に木を接着して、使用しないときはこのようにぶら下げておけるようにしてみた。




_161016_214046.jpg
使うときは足をセットすればこの通り!!
重い物を乗せてみたけど、全く問題なし。




_161016_213914.jpg
でも、足がめっちゃ邪魔。
床面を広く取りたいのにこれじゃあ台無しだ…。
寝ぼけて棚の足を蹴っ飛ばすと、棚の上の物が落ちてくる可能性もある。




_161016_215649.jpg
と言う訳で、計画変更!
上部からの吊り方式にて作り直すことにした。
棚の横に取り付けているバスケットは、片側を保護棒に引っかけて反対側を天井付近に渡してある棒からワイヤーで吊ってある。
これと同じような感じに問い付け直してみることに。




_161016_215649b.jpg
板に穴を開けて・・・。




_161016_215745.jpg
抜け落ちないようにストッパーを取り付けたワイヤーを通す。




_161016_220331.jpg
上部は天井の棒からワンタッチで取り外せるように、でかいカラビナにワイヤーを固定してみた。




_161016_221041.jpg
お~、すっきり(*´д`*)
ワイヤーはとても細いけど、ワイヤーのスペック的には 20Kg程度までなら問題ないはずだ。




_161016_221108.jpg
棚の下にも十分な空間があり、寝るときにも全く邪魔にならない。
いい感じだ。




_161016_221817.jpg
ワイヤーを外せば、そのまま下に回転して折りたたんだ状態となるように、汎用ステーを加工した。




_161016_222137.jpg
ホームセンターで 100円程度で売ってる汎用のステーを適当に曲げて棒を挟み込むようにしてみたのだ。




_161016_222205.jpg
走行中にガチャガチャ言わないように、ステーの保護棒に当たる位置にはスポンジゴムを貼り付けた。




_161016_222212.jpg
とりあえず形が決まったのでレザーシートを貼って仕上げをすることに。




_161019_202556.jpg
ドライヤーで暖めながら、粘着付きのレザーを板全体に巻き付けるように貼っていく。
かなり分厚いカッティングレザーシートなので、質感も良い。




_161019_203757.jpg
これで完成!!
また、何かステッカーを作って貼っておこう。




_161019_204404.jpg
車中泊時の荷物置きにしか使わないとは思うが、車内整備時のちょっとした物置き場としても便利かも。




_161019_211316.jpg
ついでに、リア周りのスピーカーを鳴らしているアンプの ON/OFF スイッチを取り付けた。
ま、リアスピーカ用のアンプのリモートコントロール線に 青いLED付きのスイッチを割り込ませただけだが、これで、状況に応じてサブバッテリーの電気を節約できるようになった。




_161019_211321.jpg
アンプを駆動させていない時にはこのように LEDが消灯。
アンプ用のヒューズボックスに取り付けた、ACC連動の黄色の LEDも合わせて消そうかと思ったのだが、この場所は常時通電なので、電気が来ていないと勘違いしそうなのでこちらはそのままにした。




_161019_224150.jpg
見えている場所ではないのだが、リア周りとフロント周りを結ぶ、RCAのケーブル類も、少しだけ品質の良いものへと交換。




_161019_224205.jpg
運転席に取り付けたボリュームで、各スピーカーの出力レベルやクロスオーバーの周波数を変更できるように魔改造されているので、とにかく配線が多い。
ヘッドユニットの設定画面でもバランスの調整等はもちろんできるのだが、このあたりの調整は、画面をクリックして設定していくよりも、リアルタイムでどんどん設定をいじれるアナログのツマミが一番使いやすいからだ。
そのうちこの調整ボリューム用にもパネルを作ろうかな。




_161019_224447.jpg
2時間程度かけ、ほとんどの配線を入れ替えた。
取り付けてからかなりの年数が経っているので、痛みが激しいケーブルも多かった。
車の中は温度変化も激しいし、住宅用のオーディオケーブルには過酷な環境なのだろう。




_161019_230215.jpg
と言うわけで、深夜作業終了!
この季節、暑すぎず、寒すぎず、作業には一番良い季節ですね~~ (*^。^*)/


前のページ 次のページ

FC2Ad

まとめ