Digital Artworks TeeART Blog.

デジタルから穴ログまで、日々の改造・探索を綴ります ((((っ´ω`)っ

ハイエースのLSDを交換してきた  2017-02-27

5年ほど前、ハイエースにOS技研のLSDを組み込んでから、既に 17万キロ近く走行してしまった。
半年ほど前から、デフ付近からのノイズ(異音)がだんだんと大きくなってきていた。
LSDのオーバーホールも考えたのだが、使用した距離も距離なので、諸々の費用を考え、思い切って交換することにした。
自分での作業は難しそうだったので、埼玉県の所沢市にある信頼しているショップへと依頼することにした。


_170225_110509.jpg
リアをジャッキアップし、早速作業開始。
基本的にはデフを取り外して、LSDを組み替えて、戻すという作業だ。




_170225_110510.jpg
リアのブレーキラインを割り、ハブごとアクスルシャフトを引っ張り出す。




_170225_110511.jpg
プロペラシャフトを切り離し、デフを取り外す。
あとはLSDを組み替えて戻せば終了~。
だったはずなのだが、ここで問題発生!!
というか、今まで気になっていた異音の原因が特定されたのだ。
なんとピニオンギアのペアリングがゴリゴリしている。
手で回してみると、もの凄い違和感だ。
ベアリングも在庫があると言うことで、急遽、ここも交換してもらうことに。




_170225_110511b.jpg
ベアリングは基本的に圧入されているので、プレス機を使って順番に抜いていく。
この辺りの作業は、経験が必要な職人的な作業なので、見ていて非常に楽しいし参考にもなる。
プレス機あるとここまで自分で出来ちゃうんだな・・・。

いいな、欲しいなプレス機。
買っちゃおうかな・・・(*´w`*)




_170225_110514.jpg
バラバラになったギアやベアリング。
もう、見てるだけでワクワクが止まらない。
自分でやってみたい!!!




_170225_110532.jpg
というか、このギアの造形見て!!
うっとりするほどに美しい形だよね。
部品として注文すると 4万円程度で買えちゃうみたいだけど、これと同等の物作ってもらったら、10万出しても絶対無理だよね。
やっぱり、量産効果っていうのはすごいな(*´д`*)




_170225_110512.jpg
ピニオンギアをケースに組み込み、リングギアを取り付け LSD を組み込んだら、あとはハイエースに戻して終了だ。
ちなみに、LSDを組み込む際には、ギアのかみ合わせの調整や、マイクロメーターを使用してのブレ幅の調整をしていたが、このあたりの作業は経験がいりそうで、工具だけ揃えれば出来るという感じでは無かったな。




_170225_120406.jpg
ちみなに作業をお願いしたお店は、チャレンジレーシングというポルシェ整備メインのレース屋さん。
ハイエースは基本的には LSD以外の作業はやらないようだが、ハイエースの LSDに関してはかなりの台数をこなしているようで、安心して作業を任せることが出来る。
前回の LSD 取り付けもここで作業してもらったのだが、デフオイル交換のみで、17万キロ、トラブル無しだった。
もちろん、LSD自体の耐久性もあるのだろうが、LSDがこれだけの距離壊れなかったというのは、今までの経験上、ちょっとびっくりだ。




_170225_120407.jpg
今回は、ピニオンギアのベアリングを交換してもらったので 4時間程度かかったが、LSDの交換だけなら 2~3時間あれば終わりそうな感じだった。




_170225_120410.jpg
ブレーキラインをつなぎ、エア抜きをし、補機類を戻して交換終了。
果たして、気になっていた異音はどれくらい軽減しているのか・・・。




_170225_120449.jpg
ということで、車内音の測定結果。

このグラフは、4速 45Km/h 走行中に、シフトをニュートラルにしてそのまま減速。
40Km/h 時点での車内音を測定したもの。
それぞれ 3回計測した物の平均値を重ねて表示しているのだが、明らかに車内音が静かになっている。
交換前は、モーター音のようなうなり音があったのだが、完全にそれが無くなった。

なんとなく車が軽くなった気もするが、体感できる程にフリクションロスがあったとも思えないので、きっと気のせいだろう。
でも、異音がしていたと言うことは、動力エネルギーの一部が音に変換されていたはずなので、音が無くなれば数値上では伝達される動力エネルギーは増しているはずだ。

ちなみに、このハイエースの現在の走行距離は 19万キロくらい。
このタイミングでLSDを変えると言うことは・・・。

はい、あと 20万キロは乗りますよ、この車(*´w`*)

ハイエースのデフオイル交換した  2017-02-18

最近、ハイエースのデフ辺りからの唸り音が気になってきた。
半年ほど前から音は鳴り出していたのだが、デフオイルを交換して、そのまま様子見していたのだ。
今年に入って、音が大きくなってきたので、再度オイルを変えてみた。


_170217_200156.jpg
オイルやウェスを準備する。

自分のハイエースは、OS技研のLSDを組んでから、既に15万キロ以上走っている。
オーバーホールの時期は既に過ぎているので、このオイル交換で症状が改善されなければ、LSD自体の組み替えを考えよう。




_170217_201134.jpg
リアタイヤをスロープに乗り上げ、車体下に潜り込む。




_170217_201745.jpg
まずは、オイルの注入口を緩める。
オイルを抜いた後にコチラが緩まないと車を動かせなくなるからだ。




_170217_201818.jpg
次に、デフの真下にあるドレンボルトを緩める。
ドレンボルトのサイズも注入口と同じ、24mmだ。




_170217_201834.jpg
ギリギリまで緩めて・・・。




_170217_201947.jpg
ドレンボルトを外す。
そして、エア抜きのために、注入口のボルトも外す。




_170217_201947b.jpg
デフオイルはエンジンオイルに比べてとても硬いので、そのまましばらく放っておく。




_170217_202021.jpg
ちなみに、鉄粉を集めるための磁石が内蔵されたドレンボルトには、かなりの鉄粉が付いていた。




_170217_202026.jpg
半年前のデフオイル交換から、こんなにも鉄粉が出ているのか!?




_170217_203747.jpg
と言うことで、オイルが抜けたので、ドレンボルトに耐油のシールテープを巻き付けて・・・。




_170217_203922.jpg
しっかりと締め込む。




_170217_204110.jpg
そして、注入口からあふれ出るまで、何度もオイルを入れていく。
この作業はオイルが硬いので、何度やっても大変だ。
注入が終わる頃には、腕全体がプルプルしてくる・・・。




_170217_204508.jpg
オイルの注入が終わり、注入口のボルトもしっかりと締める。




_170217_204508b.jpg
ちなみに、オイルの圧送にはモノタロウで購入したこの安価なポンプを使用しているが、もう少し力がいらない方法は無いものか・・・(*´д`*)




_170217_212139.jpg
ボルトのチェックと、簡単な下回りのチェックをして、作業終了。




_170217_212140.jpg
どのくらい音が小さくなったか、ちょっとそこら辺を走ってみることに。
と言っても、ある程度の距離を走らないと、分からないか(^_^;




_170217_212240.jpg
1時間程度走り回ってみたところ、なんだか音は小さくなったような。
でも、オイルを変える前も、このくらいだったような・・・。
正直、良く分からん・・・(´-`)

ということで、オイルは変えてみたものの、走行距離的に見ても、LSDのオーバーホールは必須だと思うので、近いうちにショップに相談してみることにするか。

ハイエースにサウンドシャキットを取り付けた  2016-11-15

サウンドサイエンス社が発売している、サウンドシャキット (sound shakit) という機械がある。
簡単に言うと、音を変化させるDSPのような物だ。
名前もなんだかとっても怪しいし、値段も新品だとそれなりの金額だが、 これ とか これ を再生したらものすごく良い感じではないか。
あと、ココ で、実機のコントローラーの調整と同じ事が体験できる。
ヘッドホンで聞いたら、ホントに凄い!
というか、本当にこの機械だけでこんな魔法のようなことが起こるのか!?
ちょっとこれは信じられない・・・。

と言うことで、中古だと2万円程度で買えるようなので、ヤフオクにて早速入手してみた。


_161025_205608.jpg
数日後に本体が届いたので、簡単なチェックをし、配線を加工する。
そのままの状態だと、配線が長すぎて自分には使い勝手が悪い。
と言うのも、この機械自体にもアンプが入っているのだが、ここから出た音をラインに変換し、アンプに入力するつもりなのだ。




_161025_210321.jpg
配線を短く切断し、新たなコネクターを作っていく。




_161025_214508.jpg
そして、そこらへんにあったスピーカーを、適当な段ボールに組み込み、再生テストをする。




_161025_214558.jpg
音源をスマホから入力して、コントローラーで音響効果を加えてみると、ちょっと信じられないほどの音が!!!
この機械の愛用者はしきりに、「いつも聞いている曲をこれを通して聴くと別物になる!」と言っていたが、その意味が分かった気がする。
確かにめちゃめちゃ気持ちの良い音になる。
いつも聞いている音源の音が、この記事の最初にあるサンプルみたいに変化した。
たとえるなら、映画館の音みたいになるという感じかな。
大音量でも、全く不快な感じがしない。
ナニコレヤバイ(((;゚Д゚)))




_161025_230208.jpg
もちろんピュアオーディオ系の音では無いが、映画館とかの、あの、臨場感のある音が好きな人にはたまらないのではないか。
いつも聞いている音楽があまりに気持ち良く再生できるので、テストしているのを忘れ、いろいろな曲を2時間以上再生しまくってしまった。




_161025_230339.jpg
という事で、とりあえず、このようなコネクターを作成し、車に取り付けることに。




_161025_230412.jpg
接続は、ヘッドユニットのスピーカーライン ⇒ サウンドシャキット ⇒ ハイローラインコンバーター ⇒ 外部アンプ の順に接続する。
この機械から出てきた音を、更に良いアンプにつなげば、きっと凄いことになると考えたのだ。




_161025_230421.jpg
ちなみに、サウンドシャキットにもアンプが内蔵されているが、出力電圧(レベル)が高くなりすぎないように、ダイヤルにて設定を変えることが可能だ。




_161025_230430b.jpg
では、早速取り付け開始!

現在ハイエースに取り付けているアンプも取り外し、配線を含めて全部引き直すことにした。
配線を保護するコルゲートチューブはモノタロウ等の専門ショップで購入すると、オートバックスやホームセンターで買うのがアホくさくなるくらい安価で購入できるので、絶対にオススメ!
同じ値段なら、10倍くらいの量が買えちゃいます。




_161026_205746.jpg
サウンドシャキット本体は、以前取り付けたアンプとの入れ替えだ。
そのままコネクタを差し替えれば良いように、コネクタを製作しておいたという事だ。




_161105_120408.jpg
そして、今まで使用していた Rockfordの安価な 5chアンプは、取り外すことに。
このアンプは音質やパワーは申し分なかったのだが、外部ノイズに弱い機種だったので、ハイエースに取り付けているインバーターとの同時使用が厳しかった。




_161105_122344.jpg
そして、ぐちゃぐちゃに埋もれた配線も取り外し、新しい配線と入れ替える。




_161105_230401.jpg
ヒューズ容量を変更するために、荷室ベッド下のサブバッテリーにアクセス。




_161105_235122.jpg
もはや、自分以外理解不能なくらいの配線に埋もれているが、とりあえず配線を作り変える。




_161106_002409.jpg
一通り配線のチェックをして・・・。




_161106_002446.jpg
ベッドをはめ込み、電源部分は終了!




_161108_210547.jpg
そして、まずは運転席部分のスピーカー用アンプの配線をする。
アンプは PBR300X4 という、4chアンプだ。
このうち 2chを使用して、ピラー埋め込みのツイーターとミッド用のドアスピーカーの配線をクロスオーバーネットワークにて分けていく。




_161108_214633.jpg
アンプとネットワークを壁面に取り付け、フロントはOK.
細かい調整は走ってから行う事に。




_161108_220136.jpg
続いて、リアのアンプの配線をしていく。




_161109_000103.jpg
リアに取り付けるアンプは、配線なしの動作品ジャンクを、格安で購入したものなので、まずはコネクターや配線を作成する。




_161110_220557.jpg
作った配線で簡単な動作テスト。
うん、問題なさそうだ。




_161110_224442.jpg
リア回りは、PBR300X4 と PBR300X2 だ。
4chのアンプにて、後室前部と後室後部のミッド用スピーカー。
2chのアンプにて、ベッド下に埋め込んであるウーファーを鳴らすことに。




_161110_232906.jpg
今回大活躍したのが、以前購入した精密圧着工具。
精密圧着工具は、3万円とか 5万円とかアホみたいな値段がする物も多いのだが、エンジニアより発売されているこの精密圧着工具は、実売価格も 4,000円程度と、とってもリーズナブルだ。




_161110_232906b.jpg
コネクター用の端子の圧着は、ギボシ用の圧着工具ではまるで対応出来ないので、一つ用意しておくとコネクターの製作には一生苦労することはないだろう。
コネクター自体も、1個 10円やそこらで購入できるので、コネクターや配線無しのジャンク機器を購入した時などにも重宝する。




_161112_000923.jpg
と言うことで、リア用のアンプの組み付けも完了!!

バリバリのオーディオマニアから見たら、電源ラインと音声ラインを平行に一緒に束ねちゃってるし、いろいろと気になる所もあるんだろうけど、自分は気持ちよく音楽が聴ければそれで良いんで、細かいことは気にしない(・∀・)




_161112_115012.jpg
運転席横のコンソール部分には、各部のスピーカーの音量を調整できるボリュームを設置した。




_161113_104556.jpg
このボリュームはラインレベルをパッシブに変化させるだけの物で、アマゾンで送料込みでも 1個数百円で買えるものだが、このアナログの操作感は1度使ったら手放せなくなるほどに便利だ。
液晶画面をポチポチとつついて調整するのと違い、運転中にもリニアに操作できる。




_161113_104552.jpg
ウーファーコントロールも、同様の物だが、こちらはカットする周波数の調整も可能だ。
アマゾンで送料込み 1000円程度だったが、とっても便利!




_161113_104556b.jpg
と言うことで、早速調整のために走りに行く!!!
車中泊もしたいしね(*´д`*)




_161113_115146.jpg
そして、高速道路のパーキングに車を駐め・・・。




_161113_115146b.jpg
駐車場でセッティングを変えて、また走ってみる。
とにかく、理屈とかじゃなくて、走行中に一番心地よく聞こえるように調整したいのだ。




_161113_123558.jpg
気になるところがあれば、その場で配線も作り直す。




_161113_125530.jpg
ツイーターのレベルも、何度も変更して走って比べてみる。




_161026_220422.jpg
そろそろ新潟県に入る頃、やっと良い感じの音になってきた。
聞いているだけで気持ちよすぎてヤバイ !
大音量にしなくても、音圧もあり気持ちよすぎる(*´w`*)



_161113_125530b.jpg
DSPやサラウンド系の音に否定的な人も多いけど、これはこれでアリかも知れないので、機会があれば是非、サウンドシャキットの体験を!
でも、同じような事がスマホの音楽再生アプリ等でシミュレーション出来るようになっちゃったんで、残念ながらこの機械自体、既に生産中止になっているとか・・・ Σ(゚ロ゚;)

前のページ 次のページ

FC2Ad

まとめ