Digital Artworks TeeART Blog.

デジタルから穴ログまで、日々の改造・探索を綴ります ((((っ´ω`)っ

ハイエースのハンドルコラムに取り付けたインジケーターパネルをリアルカーボンにしてみた  2018-04-18

以前オートライトユニットを取り付けた際に取り付けた、インジケーターパネル
発泡ボードで簡易的に作った物だったので、今回、リアルカーボンの板を切り出して、しっかりと作ってみた。


q180417_155141.jpg
これが以前作ったパネルだ。
発泡ボードにカーボンのカッティングシートを貼り付けて作ってある。
今回は、デザイン性を高め、さらに多機能にしてみることに。




q180417_155142.jpg
とりあえず、現状の配線は全て切断する。
インジケーターパネルと車両は、コネクターでつなぎ、メンテ性も上げることにしたのだ。




q180417_155823.jpg
車両側のケーブルは、この20Pコネクタへ集約する。




q180417_160352.jpg
とりあえず、ハンドルボス周りの曲線を採取。
ここは、ぴったりのクリアランスで仕上げたい(*´д`*)




q180417_161146.jpg
そして、パネルを取り外すときにコラム周りをバラさなくても良いように、コラムカバーから長ナットを生やしておいた。
これで、ビス 3本とコネクターにより簡単にパネルを取り外すことが出来る。




q180417_162542.jpg
ケーブルを引っ張り出し、コラム周りは組み立ててしまった。




q180417_163906.jpg
そして、段ボールの切れ端で、いろいろと形を考える。




q180417_164239.jpg
出来上がった型紙をカーボンの板へ乗せ、転写。
そして、バンドソーにて切断した。




q180417_165003.jpg
切断し、ある程度の形となったパネルを、手作業にてさらに仕上げていく。
カーボンの板なので、黒い粉が出まくって周囲は大変だ(^^;




q180417_170213.jpg
何度も実車と合わせながら、細部を微調整して削っていく。




q180417_170704.jpg
うん。
だいぶ良い感じになってきた。




q180417_171142.jpg
次にドリルで取り付け用の穴を開ける。




q180417_172115.jpg
今まで取り付けていたパネル用の取り付け穴をそのまま利用したので、取り付け穴のバランスがいまいちだ。
まあ、ハンドルで隠れるところだから、まあ、ヨシとするか。




q180417_173637.jpg
次にインジケーター用の穴を開け・・・。




q180417_174318.jpg
LEDのインジケーターを取り付けていく。




q180417_180222.jpg
残りのスペースには、スイッチを取り付ける。
フライス盤のテーブルに木材をネジ留めし、その上に両面テープにてパネルを貼り付けて、穴開け作業をした。




q180417_180641.jpg
黒い粉を大量に吐き出しながらの穴開け作業。
X-Yテーブル上での穴開け作業は、めちゃめちゃ楽に精度が出るのでとっても捗る(*´w`*)




q180417_190344.jpg
各色のスイッチを取り付けたら・・・。




q180417_190519.jpg
裏側の配線を半田付けして完成!!!
と言っても、まだカバーを作ってないので裏側から見ると配線丸見えだけど。




q180417_192145.jpg
このコックピット感、たまらん(*´д`*)
ちなみに、4つのスイッチは、デイライト、ウインカーポジション、ミラー内ウインカー、イカリングそれぞれのオンオフを割り当てようかと。
現在はハンドルコラム下部のスイッチ類でその動作をしているが、下側もカーボンの板で全部作り直そうかなと。




q180417_192145b.jpg
この後付け感満載のアリーナホーンのスイッチと一緒に、なんかかっこいいデザインを考えよう。

関連記事

奥只見丸山スキー場にスクートしに行ってきた  2018-04-16

今年は3月くらいから気温が急上昇。
横浜ではなんと、7月の気温という日まであった。
これではゴールデンウィークくらいまで雪が残るかも怪しい。
ということで、とりあえず奥只見へと行ってきた。


q180331_193814.jpg
仕事が終わったあと、都内で同僚を2人迎え、奥只見へと向かう。




q180401_000915.jpg
高速道路を降り、奥只見シルバーラインの入り口にて車中泊。
まだこの時期は夜間通行止めなのだ。




q180401_091737.jpg
翌朝、奥只見シルバーラインを登り、奥只見スキー場へ。
気温は 10℃くらいあるが、まだまだ雪はたくさんあるようだ。




q180401_101106.jpg
昨年に比べ暖かい日が続いているせいか、既に地面が見えている箇所がある。
うーん(*´д`*)




q180401_103607.jpg
でも山頂は雪も豊富で眺めも最高だ。




q180401_113455.jpg
お昼近くなり、山頂でも気温が 10℃に。
これって、5月の気温じゃないか!!




q180401_113513.jpg
山頂ロッジの雪は、まだ階段の上まであるが、次に来た時には一気に減ってそう・・・。




q180401_120922.jpg
山頂付近の雪はサクサクと良好(*´w`*)




q180401_120926.jpg
メンテが滞っている板だが、良い感じで滑れている。




q180401_121101.jpg
奥只見スキー場は音楽などは一切かかっていないので、独特の静寂感がたまらない。




q180401_124510.jpg
時間も昼を過ぎると、温度はさらに上昇。
もう、Tシャツパーカーで滑れちゃうくらいだ。




q180401_124857.jpg
リフト横の上級コース。
相変わらずコブだらけになってる(^^;




q180401_131035.jpg
とてもじゃないけどあんなコブ斜面は滑れないので、普通の斜面を滑っていく。




q180401_141538.jpg
山頂のキッカーエリアにも行ってみたけど・・・。




q180401_141544.jpg
ここの山頂キッカーはレベルが高すぎる(*´д`*)




q180401_152813.jpg
雪に埋もれた奥只見ダム。
雪解けが進む 5月くらいからは、ダム観光が始まるのだ。




q180401_153919.jpg
そろそろリフトも終了の時間だ。
山頂に上がり、最後の 1本を滑ることに。




q180401_154354.jpg
温度も急激に下がってきた。




q180401_161444.jpg
ゲレンデにはもう人の姿は無く、うちら3人の貸し切り状態だ。




q180401_162049.jpg
一気に下まで滑り降りて・・・。




q180401_162050.jpg
楽しかった一日が終了。




q180401_163408.jpg
車に戻り片付けをする。




q180401_164024.jpg
昨シーズンはこの時期でも何度か雪が降ったのだが今年はちょっと期待できない感じだ。
今シーズンはあと2回くらいで滑り収めなのかな・・・。




q180401_165052.jpg
ということで、今期 13回目の雪山は奥只見スキー場だったが、今日も一日楽しかった(・´ω`・)

関連記事

ハイエースのカーナビにリモコンをつなげてみた  2018-04-07

最近の車にはステアリングリモコンという物がついている。
そう、ハンドルに付いているスイッチにてカーナビを操作できるというアレだ。
そのため、現在のカーナビは、以前の機種のように、赤外線のリモコンには対応しなくなってしまったのだ。
じゃあ、ステアリングリモコンの無い車は、ナビのリモコンが使えないと言うことなのか!?

そこで、ジャンクで買ってきたステアリングリモコンのスイッチをカーナビと接続してリモコンを作ろうと思い、色々調べていると、なんと、SONYのロータリーコマンダーを現在のナビに接続出来ることが分かった。


q180324_144812.jpg
早速入手した、SONYのロータリーコマンダー。
これは、遥か昔のカーステ用のコントローラーだ。
機能性も良く、たくさんのキーを使い勝手良くまとめてあり、かなり評価の高いコントローラーだった。
このコントローラーが、現代に蘇るとは!!




q180324_144813.jpg
カーナビとの接続は、この、ステアリングリモコン接続コードにて行う。
基本的にステアリングリモコンとの接続用には ①~④ の4本のコードを使用するようだ。
リモコンのコードの先端は、ステレオミニジャック (3接点端子)なので、実際に結線するコードは 3本だ。
ちみなにこの接続コードは、ETC1.0用の接続端子も兼ねているようで、ステアリングリモコン用とは別に、3本のケーブを有したコネクターが出ている。




q180324_145143.jpg
調べによると、SONYのロータリーコマンダーとの接続は、①、②、④の 3本を結線すれば動作するという。
具体的には、リモコン側の赤い線を①に、白い線を②に。
そして、リモコン側のシールド線を④に結線すればOKだ。




q180324_150440.jpg
不要な線は短めに切断し、絶縁処理しておいた。
とりあえずこれでナビ裏から手の届くところまで、ステアリングリモコンの配線が出てこられる。




q180324_151907.jpg
とりあえず、ナビの裏からステアリング周辺まで、配線をひいてきた。




q180324_152751.jpg
その配線と、ロータリーコマンダーとの接続は、切り離しが可能なように、コネクターを取り付けた。




q180324_153050.jpg
こうしておけば、あとでバラすときに配線で苦労しなくて済む。




q180324_153539.jpg
リモコンを固定する前に、まずは動作チェック。
カーナビの学習画面で、リモコンのキーに動作を割り付けていく。
リモコンのキーを2秒程度押し、そのキーがどういう動作なのかを設定していくのだ。
うん、問題無さそうだ。




q180324_153540.jpg
そして、リモコンの固定。
うん、ハンドルの周りには、このリモコンを取り付ける場所がもう無い・・・(^_^;
せっかくこの形のリモコンなのだから、ハンドル回りに付けたいよなあ。。。
ハンドル周りにある既存のスイッチやランプを移設することも考えたのだが、シートに座って考えていたらひらめいた( ^ω^)




q180324_160355.jpg
この場所に設置すれば右腕をアームレストに乗せたまま、楽々操作できるのでは!?
仮設してドアを閉め、操作感を試してみたところ、かなり快適!
見た目はちょっとアレだけど、とりあえずここに設置して使ってみよう。
ということで、両面テープにてしっかりと固定。




q180324_160359.jpg
配線は、ドアの中を通してきて、ダッシュボードの中でカーナビ側の配線とコネクターにて結線。




q180324_165007.jpg
これで、カーナビの操作のためにいちいちタッチパネルをつつかなくても良くなった。
特に、運転中の操作感は最高だ!!
曲飛ばしや、ナビとAV画面の切換、そして地図の拡大縮小等、目線を全く移動しなくても可能となった。
今取り付けてあるKENWOODのカーナビは完全なフラットディスプレイで、スイッチ類もタッチ方式なので、運転中の操作感は最低!!というか、必ず手元を見ないと操作できなかったので、特にそう感じるのかも知れないけどね(*´w`*)

というか、現在のステアリングリモコンがこういう仕組みなら、いろいろなリモコンが各社から出てきても良さそうな物なのに。
って、そういう需要は無いのかな(^_^;

関連記事
次のページ

FC2Ad

まとめ