Digital Artworks TeeART Blog.

デジタルから穴ログまで、日々の改造・探索を綴ります ((((っ´ω`)っ

フライス盤買っちゃった(*´w`*)  2017-07-27

_170726D_170707_215159.jpg
最近、アルミを削ってちょっとした物を作るのにはまっている。




_170726D_170707_221204.jpg
ホームセンターで買ってきたアルミの板を、適当に削って水研ぎするだけで・・・。




_170726D_170707_223906.jpg
こんな感じのキーホルダー的な物が出来上がる。

でも、もっと正確に、自由に金属を削りたい!!!!




_170726D_170715_184022.jpg
と言うことで、ボーナスも出たことだし、ハイエースの車検も 3万円台で終わったし、きっとフライス盤は一生使えるしと、適当な理由をつけて思い切って買ってしまったのだ。




_170726D_170715_184821.jpg
整備を終え、送られてきたフライス盤。
本体だけで重さ 60Kgもある。




_170726D_170715_194615.jpg
作業台に設置して、とりあえず試運転。




_170726D_170715_194620.jpg
ヤバイ!!
この感触、楽しすぎる!!
切削油無しでも、ガンガン削れちゃう!
ま、アルミだから当然か・・・。




_170726D_170716_135731.jpg
初めての作品は、自転車のディレイラーハンガー。
探索の時に乗ってるルイガノの MV5FS のハンガーが、歪みまくっていたので作ってみた。




_170726D_170716_135925.jpg
面取りは棒ヤスリだし、ねじ切りはハンドタップだけど、まあ、使う分には問題ないだろう。
オレンジ色にアルマイト加工して取り付けよう。




_170726D_170717_080409.jpg
他に作る物も思い当たらなかったので、端材を削ってみることに。




_170726D_170717_082030.jpg
半分だけサイドをちょっと削って・・・。




_170726D_170717_082246.jpg
ヤスリで形を整える。




_170726D_170717_082858.jpg
表面をちょっと磨いて・・・。




_170726D_170717_083313.jpg
プレスで丸棒に押し当てて折り返す。




_170726D_170717_085212.jpg
はい!アルミ削り出しフックの出来上がり!!
って、こんなのフライス盤無くても出来るでしょwww

関連記事

ハイエースのソーラーパネルを交換  2017-07-20

以前、ハイエースの屋根にソーラーパネルを取り付けて から 4年が経過した。
発電量自体には問題が無いのだが、見た目がボロボロになってきたのでパネルの交換をすることに。


_170519_211824.jpg
これが直射日光下に4年間晒されたソーラーパネルだ。




_170519_211837.jpg
表面保護用のプラスチックが劣化しているのが分かる。




_170519_211906.jpg
上に重ねたものが今回購入したパネルだ。
今取り付けてあるものは、90Wのもので 6万円ほどだったが、今回購入したものは 100Wで 2万円程度だ。
セミフレキシブルのソーラーパネルも、ずいぶんと安くなった。




_170519_211913.jpg
ちなみにワット数が上がったのは、発電効率が上がったわけではなく、単純にセル数が増えたからだ。




_170520_093108.jpg
という事で、早速古いパネルを取り外す。




_170520_093247.jpg
太陽光パネルのコネクターは基本的に MC4という形式の物が使われているので、電気的な配線は差し替えるだけだ。




_170520_094324.jpg
大変なのは両面テープはがし。
隠れるところとはいえ、ある程度きちんとはがしておかないと、太陽光パネルの密着度が落ちてしまう。




_170520_094819.jpg
取り外した太陽光パネルは、ガレージの屋根で再利用するつもりだが、その前に、保護プラスチック部分を全部はがしてしまう。




_170520_094953.jpg
パリパリと保護膜をはがすと、セルがむき出しに。
ちょっと何かにぶつけたら割れてしまいそうだが、屋根に設置だし、まあ、このままでいいか。




_170520_095222.jpg
取り外したパネルから正常に電圧が出ていることを確認。




_170520_095448.jpg
今回購入したパネルも、念のため電圧の確認をしておく。




_170520_100734.jpg
はがし残しの両面テープをはがして、パネルの設置をしていく。




_170520_102053.jpg
パネルの裏面に両面テープをしっかりと貼り・・・。




_170520_103440.jpg
パネルの外周をキャリアとビス止めしていく。




_170520_104415.jpg
これでパネルの固定は完了!!




_170520_104540.jpg
最後に配線を繋いで・・・。




_170520_105521.jpg
外側から配線が見えないようにキャリアの側面にタイラップにて固定して完成!




_170520_105805.jpg
車内のモニターで確認してみると、しっかりと発電している。
サブバッテリーとメインバッテリーに 50%づつ割り振っているが、どちらも日中で満充電になるのはホント安心だ。




_170520_111124.jpg
これでまた何年かはこの仕様でいこう。




_170520_164147.jpg
ハイエースへの取り付けが終了したので、今度はガレージの屋根へのパネル取り付けをすることに。




_170520_164150.jpg
ガレージにはもちろん 100V電源を引き込んであるが、以前作った 非常用電源 の充電用に小さなソーラーパネルを取り付けている。




_170520_164153.jpg
そのパネルと今回ハイエースから取り外したパネルを交換するのだ。




_170520_165522.jpg
取り付け場所はガレージの屋根の真上。
梁に合わせてビス止めしていく。




_170520_165522b.jpg
シンク の下に設置してある非常用電源にソーラーパネルを繋ぐ。




_170520_165522c.jpg
非常用の電源ではあるが、アルマイト処理の際の 12V直流電源にも使用しているので、バッテリーが常に満タンと言うのは安心だ。


関連記事

[戦跡] 城ヶ島をうろうろしてきた  2017-07-11

久しぶりに城ヶ島を訪れ、掩蔽部にも潜って来た。
以前潜って 以来なので、実に 7年ぶりである。


_170709_012654.jpg
前日の夜中、横須賀PAにて待ち合わせ、車中泊をする。
静岡の地ビールと、生酒を頂いてしまったので、ありがたく飲みまくる( ^ω^)




_170709_094339.jpg
翌日、早速城ヶ島へと車を走らせる。
梅雨時期とは思えないほどの晴天だ。




_170709_104326.jpg
城ヶ島砲台の地下施設に行く前に、第二次大戦中に使われていた建屋がそのまま残されているというので見に行くことに。
駐車場に車を駐め、荒れた遊歩道を歩いて行く。




_170709_110433.jpg
先日ここを探索している Yakumo氏の案内の元、薮に突入。




_170709_110619.jpg
ちょっとありえないくらいの薮を漕いでいくと、足下に水槽の遺構が現れた。
建屋はここから 10m程だという。




_170709_110658.jpg
しかし、すぐ横にあるはずの建屋はなかなか見つからない。
なんせ薮がすごく、2m程前を行くメンバーの姿を見失うほどだ。




_170709_110818.jpg
蜘蛛の巣が体に絡まり、笹の葉が、容赦なく背中に入ってくる。
まさに薮のなかを泳いでいる感じだ。




_170709_111024.jpg
スマホのGPSにて今いる場所を確認してみる。
するとやはり建屋のすぐ近くまでは来ているようだ。




_170709_111027.jpg
GPSを頼りに進んで行くと、やがて前方が少し開けているのが見えた。




_170709_111136.jpg
どうやら建屋に辿り着いたようだ。
と言っても、建屋と薮の隙間は 1m程度しかなく、どうやっても建屋の全景を写真に収めることは出来ない。




_170709_111247.jpg
先ほどの航空写真にも写っていた建屋の庇部分だ。
内部から湿った空気が流れ出てくる。




_170709_111302.jpg
戦後、何かに転用されていたと思われるが、建屋の中はススだらけ。
しかも、懐中電灯で照らさないと室内は真っ暗だ。




_170709_111502.jpg
建物自体はそこそこの大きさだが、写真で撮るのはこれが限界。




_170709_111900.jpg
周囲全てが背丈よりも遥かに高い薮に囲まれており、草木をかき分けないと進めない程なので、よっぽどの物好き以外はこんな所に来ないだろう。




_170709_111900b.jpg
ちなみに、1946年当時の航空写真を見ると、この建物がはっきりと写っている。
建物の周囲もきれいに伐採されているのも分かる。




_170709_124533.jpg
あまりの激薮で体中を草まみれにした後、今度は洞窟陣地に行ってみた。
城ヶ島には海岸沿いに 2つ、そしてこの新潟造船横の斜面に 1つの、3つの洞窟陣地があるが、今回潜るのは造船所横の洞窟陣地だ。




_170709_124618.jpg
壕口から地下へと足を踏み入れる。
外気温 30℃に対して、内部は 15~16℃程度と、とてもひんやりしている。




_170709_124717.jpg
奥へと進んでいくと・・・。




_170709_124726.jpg
広くなっている所になにやら置いてある・・・。




_170709_124759.jpg
なんと、ここは野良猫のえさ場になっているようだ。
誰かが水やドライフーズを持ってきているのだろう。




_170709_124922.jpg
ここから先は、とても狭い通路が続いている。




_170709_124938.jpg
基本的に 1本道なので迷う心配は全く無い。
何カ所か、すれ違いが出来るように、通路が広げられている場所がある。




_170709_125023.jpg
どんどんと進んで行くと階段が現れた。
数段しかない階段ではあるが、こういうのはちょっとテンションが上がる。




_170709_125218.jpg
更に、細くて狭い通路を進んで行く。




_170709_125233.jpg
何度も曲がっているせいで、自分がどちらを向いているのかが次第に分からなくなってくる。




_170709_125552.jpg
そして、何度目かの角を曲がったところで、洞窟陣地は再び斜面に開口していた。




_170709_125647.jpg
洞窟陣地は基本的に狭い物が多いが、ここ城ヶ島にある洞窟陣地は海岸にあるものを含め、すれ違いが困難なほど狭かった。




_170709_135248.jpg
最後に、城ヶ島公園の駐車場下にある砲台の掩蔽部を見に行くことに。
当時はこの駐車場の位置に城ヶ島砲台が設置されており、今でも当時の地下施設がそのまま残されているのだ。




_170709_135418.jpg
急な斜面を滑るように下って行くと、やがて掩蔽部の入り口が見えてきた。
当時の迷彩柄もしっかりと残っている。




_170709_135726.jpg
早速内部へと入っていく。
砲台の掩蔽部ということだが、コンクリートできれいに巻かれて非常に良い状態で残されているようだ。




_170709_135738.jpg
弾薬を収納していたのだろう。
いくつもの部屋が並んでいる。




_170709_135744.jpg
部屋の内部には落書きや破壊もほとんど無く、このまま現役で使えそうな雰囲気だ。




_170709_140152.jpg
通路が奥へと続いているので、行ってみることに。




_170709_140540.jpg
天井部分には電灯を取り付けていた跡だろうか。




_170709_140853.jpg
通路の最奥部まで行くと、ちょっと広くなっている部屋があった。
ここは、弾薬を砲台へと運ぶ昇降機があった部屋だ。




_170709_140932.jpg
上部を見上げてみる。
レールや昇降機本体は残されていないが、構造が良く分かる。
この上の小部屋も気になるが、その上は駐車場として舗装されてしまっているので、どこにも抜けることは出来ないはずだ。




_170709_141655.jpg
一通り奥まで回ったので、そろそろ戻り始めることに。




_170709_141922.jpg
公園の駐車場の下に、こんな施設が眠っていると思うと、なんだかわくわくしてくる(*´д`*)




_170709_142013.jpg
遺物はそれほど残ってはいないが、丁寧なコンクリートにきれいな漆喰と、見所の多い壕だ。




_170709_142359.jpg
ちなみに、入り口付近にあった落書きは、一番古い物が昭和23年と書いてある物だった。

関連記事
次のページ

FC2Ad

まとめ