Digital Artworks TeeART Blog.

デジタルから穴ログまで、日々の改造・探索を綴ります ((((っ´ω`)っ

逗子周辺をうろうろとしてきた  2017-05-08

神奈川県の逗子市周辺に、穴がたくさんあるというので見に行ってみた。


_170312_120816.jpg
駐車場に車を停め、穴があるという場所へと向かう。




_170312_120816a.jpg
逗子市と鎌倉市の境界にある緩やかな坂道を登っていくとトンネルが見えてきた。




_170312_120816b.jpg
トンネル手前のロックシェッド部分の隙間から崖を覗いてみると・・・。




_170312_120816c.jpg
こんなところに大きな穴が口を開けている。
奥まで見ることが出来ないのが、とっても歯がゆい。
奥はどうなっているんだろう。




_170312_121738.jpg
崖側には落石防止ネットが隙間なく張られているため、道路からの進入は無理そうだ。
ちょっと、ロックシェッドの上を見に行ってみる。
あ、ネットに切れ目がある!




_170312_121854.jpg
何とかロックシェッドの上まで這い上がる。




_170312_121854b.jpg
そして、落石防止ネットの隙間からネットの内側へと潜り込む。




_170312_121945.jpg
これで、ロックシェッドと崖の間へと降りられそうだ。
ずるずると下に向かって降りていく。
かなり落差があるが、ネットがあるので戻れなくなることは無いだろう。




_170312_122040.jpg
そして、壕口の前へとたどり着いた。




_170312_122112.jpg
しかし、かなり大きな壕口にも関わらず、大量の落石と崩落により、完全に入口は塞がれてしまっていた。




_170312_122134.jpg
ロックシェッドの内部より壕口を覗いた際、大量の落石を見て、なんとなく嫌な予感はしたが、やっぱり塞がっていたか・・・。




_170312_122222.jpg
金網をよじ登り、戻ることに。




_170312_122235.jpg
つるつる滑って、思いのほか苦労する。




_170312_122235b.jpg
なんとか上部まで戻ってきた。




_170312_122251.jpg
あとは、この隙間から体をひねり出すだけだ。




_170312_122337.jpg
という事で、無事脱出。




_170312_123119.jpg
それにしても、道路側面の金網の中は、既に落石でいっぱいだ。
これ、そろそろやばいんじゃないか・・・。




_170312_123135.jpg
と思ったら、修正作業の真っ最中だったようだ。




_170312_123655.jpg
周辺をもう少し探索してみようと、小坪トンネルの側面を上がっていく。
心霊スポットとして有名な小坪隧道であるが、普通に生活道路として使われている。




_170312_123808.jpg
下に見えるのは国道134号だ。
道路を掘り下げているのか、長い掘り割りとなっている。




_170312_123839.jpg
そのまま上へと登っていくと、住吉隧道という小さなトンネルが現れた。
昔反対側から来た際 はこちら側まで来なかったが、ここにつながっていたのか。




_170312_124133.jpg
狭い住吉隧道をくぐり抜け、海側へと移動した。
一旦下ったあと、昔の記憶を頼りに、階段を登っていく。
せっかくなので、小坪のゲジ穴も見ていくことにしたのだ。




_170312_124148.jpg
ゲジ穴に向かう途中の山肌にも、いくつもの穴が。
以前は全く気が付かなっ方が、けっこうたくさん開いている。
まあ、どれも浅いものばかりだったけど。




_170312_124309.jpg
明らかに人為的に地形を変えられている場所もあるようだが、こんな山頂付近で何をしていたんだろう。




_170312_124443.jpg
ゲジ穴の入口に到着。




_170312_124501.jpg
早速内部へと進入していく。




_170312_124638.jpg
この隧道は、付近の住民が利便性を図るために掘削したそうだ。
しかし、両側から掘り進めた際に測量ミスで位置が狂い、無理矢理につなげたために中心部が結び目のようにいびつな形状となっている。
写真じゃちょっと分りにくいけど。




_170312_124714.jpg
ちなみに現在ゲジ穴の奥はしっかりと塞がれている。




_170312_124745.jpg
GoogleMapで見てみると、この裏手は高級住宅地となっているようだ。




_170312_124941.jpg
結び目のような接合部を抜け…。




_170312_125008.jpg
ゲジ穴を後にする。




_170312_141149.jpg
新たな発見も全くないので、逗子市の郷土資料館近くにある蘆花公園へと移動してきた。




_170312_141653.jpg
公園周辺の斜面にはいくつもの穴が開いている。
その一つへと入ってみる。




_170312_141727.jpg
内部は立って歩ける程度の高さはある。




_170312_141840.jpg
地層が脆いようで、壕口付近は崩落がすごい。




_170312_141854.jpg
結構な規模があるようで、奥へと坑道が続いている。




_170312_141923.jpg
どんどんと奥へと進んで行く。
壕口付近は碁盤の目に掘られていたが、このあたりは洞窟陣地のように一本道だ。




_170312_142130.jpg
途中にある分岐を調べながら、奥へと進んで行くと・・・。




_170312_142149.jpg
壁面に碍子が残されているのを発見!!
この壕は、掘り方からして日本軍の物だと思うのだが、実際に稼働していたのだろうか。




_170312_142228.jpg
更に進んで行くと、今度は階段を発見。
掘削の高低差を吸収しているだけの階段のようだが、やはり階段のある壕は興奮する。




_170312_142310.jpg
長い坑道をどんどんと歩いていく。




_170312_142413.jpg
やがて、壕口が見えてきた。
何度もくねくねと曲がってきたが、どうやら山の反対側の斜面に続いているようだ。




_170312_142521.jpg
壕口から外に出て周囲を見渡すと、大きな木の上方に梯子のようなものが見えている。




_170312_142850.jpg
とりあえず梯子の所まで行ってみよう。




_170312_143113.jpg
梯子を足掛かりに、結構な高低差がある斜面を登っていくと・・・。




_170312_143438.jpg
尾根道に作られた遊歩道のような場所へとたどり着いた。
すぐ横には急な階段があり、階段を下りて行けば、先ほどの壕口までぐるっと行けることが判明。
壕口も塞がれていないし、ここはまたゆっくり調べに来よう。




_170312_143932.jpg
ということで、時間が押していた関係でゆっくりは回れてはいないのだが、逗子周辺は自宅から近いので、また調べに行きたいと思う。

関連記事

ガレージに作業台作ってみた  2017-04-17

万力とプレス機を購入したのだが、万力用の作業台を買おうとしたら、安いものでも 3万とか5万とかするではないか。
ということで、作業台を作ってみた。
そのついでに、自宅裏のスペースに屋根を付け、作業場を広げて格好良くしてみた。


_170408_113531.jpg
これが現在の作業場だ。
といっても、ガレージの奥の一部に屋根を付け、工具などが置いてあるだけだ。
普段の作業は全てここの床で行っている。

とりあえず、隅っこに万力用の台を作ってみる。




_170408_122854.jpg
ホームセンターに行って、板を物色。




_170408_143126.jpg
材料を揃えて、早速作業開始。




_170408_144958.jpg
電力引き込み用の鉄柱が立っているので、それを避けながら作業を進める。
とにかく頑丈にしたかったので、既存のガレージ(屋根付き作業スペース)と結合しながら組み立てていった。




_170408_161021.jpg
あっという間に完成!!
バイスを固定しいろいろとテストしてみると、ガレージと一体化した作業台はびくともしない。
たった 2000円でバイス台が完成したぞ(*´w`*)



_170408_161945.jpg
早速プレス機も組み立てる。




_170408_162429.jpg
と言っても、鉄骨をボルトで留めていくだけだ。
組み立て時に歪みがあると、プレスする際に斜めに力がかかってしまうので、慎重に組み立てる。




_170408_185229.jpg
ホントはここで終わりにしようと思ったのだが、こんなに安く作業台が作れるのなら、もっと広い作業台を作りたいとか思ってしまった。
そのためには、ここにある荷物をどこかに移動させなくてはならない。
うん、どこへ・・・!?




_170409_161854.jpg
と言うことで、ガレージを延長し、家の裏に作業場を広げてしまうことに。
もちろんそんなことやった事無いけど、ま、なんとかなるでしょ( ^ω^)




_170409_161854b.jpg
自宅の外壁に木を固定していく。
頑丈にするために、自宅と一体化させてしまうことにしたのだ。




_170409_173345.jpg
設計図もなにも無い状態で、黙々と木ねじを打っていく。
ゆすったり、ぶら下がったりして強度を確かめながら、木材を足していく。




_170409_190714.jpg
エアコンの室外機は動かせないので、この上に3段の棚を作ることに。




_170409_203825.jpg
3段あれば、この棚の荷物全部を、増築した部分に移動できるはず。




_170412_201807.jpg
屋根部分は、ポリカーボネートの板をビス留めした。
壁部分は、防水のための糸入りビニールシートを貼り付け、その上からプラ段をビス留めした。
とにかく安上がりに仕上げたいのだ。




_170414_202619.jpg
3段の棚も作ることにしたので、そのための材料を調達。
一本 298円の格安な材料だけど、強度はなかなかだ。




_170415_095300.jpg
せっかく作業台を作るので、雨が吹き込まないように、作業スペースの屋根の延長もすることに。
またまた思いつきで作業を進める。




_2017-04-17-0011.jpg
ちなみに、位置関係は、こんな感じだ。




_170415_101311.jpg
壁部分は目隠しも兼ねてすのこ状にしてみた。




_170415_102525.jpg
作業スペースとがっちりとネジで固定していく。




_170415_120913.jpg
屋根部分はまたもや自宅の外壁と固定しながら組み立てていく。




_170415_132358.jpg
こちらも、とにかく頑丈さを優先し、木材を足しながら組み立てた。




_170415_132413.jpg
屋根部分はポリカーボネートの板をビス留め。
庇部分にはプラダンを貼り、雨がかからないようにした。




_170415_150207.jpg
予定外の作業をして時間が押してしまったが、棚の製作を進める。




_170415_153131.jpg
同型の木材だけで組み立てていくのが、レゴブロックをしてるみたいでなんだか楽しい。




_170415_160538.jpg
1時間程度で完成し、早速工具や荷物を移動する。
うん、収納力抜群だ!!




_170415_170608.jpg
このすっぽり空いた空間に、作業台を作っていくのだ。




_170415_194519.jpg
切断してビス留めの繰り返し。
全ての木材を、周りの木材や自宅やガレージとつないでいく。
めちゃめちゃ頑丈で、ゆすってもびくともしない。
これは完成した暁には、車いじりがはかどりそうだ(*´д`*)




_170415_200928.jpg
ところで、びっくりしたのがネジの値段。
40本で200円とかするネジなのだが、箱で購入すると、1000本とか入ってて600円程度なのだ。
1本の単価、違いすぎるでしょ( ゚д゚)




_170415_203120.jpg
そんなこんなで作業台が出来てきた。




_170416_102755.jpg
ここで、今度は電気配線だ。
この作業場には防雨型のコンセントを以前取り付けていたので、そこから配線を分岐していく。




_170416_103934.jpg
コンセントにはスイッチも取り付けた。




_170416_105039.jpg
見た目は悪いけど、まあいいか(^_^;




_170416_114546.jpg
工房っぽい雰囲気にしようかと、壁にプラダンをビス留めしていく。




_170416_141921.jpg
そして、ビットホルダーとか、細かい物を作りながら・・・。




_170416_180657.jpg
思い出したように、扉を作る。
扉は、下部に隙間が開くようにした。
エアコンの室外機があるので、空気の流れがないと困るのだ。




_170416_181950.jpg
と言うことで、工房完成(*´w`*)
工具箱の工具を壁にぶら下げるだけで雰囲気満点だ。
ガレージの延長に使った木材や屋根材、ビスなど全て含めて 3万円程度でこのクオリティ。

今までは使用する度に引っ張り出してきていたボール盤やグラインダーも固定して、使い勝手も最高だ。




_170416_185159.jpg
でも、ここだけ見るとちゃんとした工房みたいだけど・・・。




_170416_204031.jpg
所詮はガレージ奥の一角。
作業時以外は、トレーラーを押し込み・・・。




_170416_204040.jpg
その後ろにはハイエースをビタ寄せして駐めてます\(^^)/


関連記事

白樺湖ロイヤルヒルでスクートしてきた  2017-04-12

もう4月である。
例年なら一部のスキー場を除き、もうクローズしている時期なのだが、なんとまだ営業していると言うことで、先週に引き続き、週末にまたまた白樺湖ロイヤルヒルへ行ってきた。


_170402_010000.jpg
土曜日の夜に都内で仲間達をひろい、そのまま中央道へ。




_170402_012605.jpg
ゲレンデー横の駐車場に車を駐め車中泊で乾杯!
冷えたビールと日本酒が美味しすぎていつまでたっても寝られない(*´д`*)

昨日も雪が降っていたようで、ゲレンデの状態は良さそうだ。




_170402_092605.jpg
翌日は朝からドピーカン!!!




_170402_104951.jpg
雪質も 4月とは思えないほどの良雪だ。
てか、こんなにまだ雪があるのに 4月9日でクローズしちゃうのが残念だ。
ま、従業員の確保とか、いろんな問題があるんだろうから、仕方ないか・・・。




_170402_103252.jpg
こんなに雪があって天気も良いのにゲレンデはガラガラだ。
リフト待ちも全く無い。
やはりこの時期に滑り来る人は少ないのかな。
暖かいし、雪も良いし、最高なのにもったいない・・・(*´w`*)




_170402_104957.jpg
パークもガラガラだったので、初心者用のしょぼいキッカーで、取り憑かれたかのようにジャンプの練習を続ける。




_170402_144306.jpg
今までは、怪我して会社行けなくなったら困るなあ・・・とか思って無茶なことは避けていたのだが、実際に飛んでみると、とんでもない恐怖感ととんでもない爽快感がたまらなく楽しい!!!
大きいキッカーも飛べるようになりたいなぁ。




_170402_151405.jpg
そんなこんなで、楽しい時間はあっという間に過ぎていく。




_170402_151405b.jpg
白樺湖ロイヤルヒルのスタッフさんは、どの方も皆フレンドリーでホントに感じが良い。
今シーズンは4回くらいしかここには来なかったけど、来シーズンはもっと来ようかな。




_170402_162536.jpg
ということで、一日たっぷりと楽しみました\(^^)/

今シーズンは雪が多めなので、奥只見なんかは5月中旬くらいまでは滑れそうなので、シーズンラストまで、あと少し、雪山を楽しもう。




_170402_190109.jpg
帰りは、国道20号の道の駅蔦木宿で夕飯と温泉。
ここは食事も美味しいし、お風呂も広いしいつ来ても最高だ。




_170402_232248.jpg
走行距離も、そろそろ 20万キロ。
今年になってからはスキー場の往復ばかりで、7000キロくらいしか走ってないけど、これからの時期は長距離たくさん走りまくって、もっともっと距離伸ばすぞー(^o^)

関連記事
前のページ 次のページ

FC2Ad

まとめ