Digital Artworks TeeART Blog.

デジタルから穴ログまで、日々の改造・探索を綴ります ((((っ´ω`)っ

ハイエースのアンプにキャパシタを取り付けてみた  2019-01-30

倉庫の整理をしていたら、昔取り付けていたキャパシタが出てきた。
そこで、ハイエースに取り付けているリアスピーカー用のアンプにつなげる事にした。


Q190123_123123.jpg
キャパシタというのは、いわゆるコンデンサの事で、カーオーディオ用にはいろいろな種類が販売されている。
アンプが大量の電力を必要とした際には、バッテリー電圧が低下する。
その低下した分を、蓄電したコンデンサから補ってあげるための装置だ。




Q190123_123126.jpg
配線は、バッテリーのプラスとマイナス。そして、ACCのみ。
アンプの電源部分にパラレルにつなげば良いので、取り付けは簡単だ。




Q190123_124529.jpg
メンテ時など、取り外しが簡単になるよう、コネクターを取り付けて結線することに。




Q190123_125532.jpg
取り付け場所は、せっかく電圧計や LEDがついているので、ちらっと見えるようにセカンドテーブルの下に固定することにした。
出来るだけアンプの電源部分に近いほど効果が高いのだが、車内に設置するのなら。実際の電力損失は微々たるものだろう。




Q190123_125539.jpg
テーブル下のこの位置なら、邪魔にもならなそうだ。




Q190123_130735.jpg
アンプ側からのケーブルを作成し・・・。




Q190123_150332.jpg
セカンドシート下のアンプの電源ターミナルに結線。




Q190123_131003.jpg
そして、コネクターをつないであげれば、完成だ。
音の違いは、分からないが、まあ、気分的にはOK!




Q190123_180603.jpg
次に、ハイエースの天井部分のスイッチの付け替えと、配線の引き直しを。
ちなみにこの3つの天井スイッチは、天井に取り付けたダウンライト の個別点灯を可能にするスイッチだ。
車中泊時など、節電のために必要ないライトを個別に消すことができるように設置した。




Q190123_181434.jpg
新しい配線を作り・・・。




Q190123_181436.jpg
付け足しを繰り返し良く分からなくなっている配線を全て取り外していく。




Q190123_184657.jpg
取り外した配線や LEDの残骸。
8年位前に取り付けたものだが、当時はまだ結線技術が未熟だったため、かなりいい加減な結線だった。




Q190123_202255.jpg
ベッド下に設置したサブバッテリーより、ヒューズを介して電源を取り出す。
以前は天井のルームランプに来ている常時 12Vより電源を取っていたので、ダウンライトがメインバッテリーを消費していたのだが、これで、メインバッテリーの残量を気にする必要がなくなった。




Q190123_203408.jpg
これで埋め込んだダウンライト周りの整備は終了。




Q190123_222914.jpg
部屋に戻り、今度は天井の LEDバーの製作を。
今までは、天井にテープタイプの LEDを直接貼り付けていたので、だんだんと剥がれてきたり、今一つの仕上がりだったのだ。
そこで、1mm厚のアルミ板の上に、LEDテープをしっかりと貼りつけ、配線を取り付けることに。




Q190123_225536.jpg
LEDテープはリモコンで調光可能なものを使用した。
と言っても、Amazonで、送信機と受信機、合わせても数百円の安物だ。
この受信ユニットを分解し、絶縁処理をし、天井裏に埋め込むのだ。




Q190123_232018.jpg
ついでに、調光ライトの電源スイッチを、調光ボリュームのパネル内に増設した。
今まではボリュームを絞ってダウンライトを消していたのだが、これで、電源と調光を分けられるし、未使用時の消費電力もゼロとなるはずだ。




Q190123_233441.jpg
付け足し、付け足しを繰り返しているここのパネル部分も、アルミパネルか何かで、そろそろかっこよく作り直したいなあ・・・。




Q190123_234423.jpg
という事で、また、時間見て少しずつ改良していこう( *´艸`)

関連記事

岩原スキー場でスクート滑ってきた  2019-01-28

新潟県の湯沢あたりは連日の大雪なのである。
このパウダーを逃すわけにはいかないという事で、早速岩原スキー場へと行ってきた。


S190118_194139.jpg
ガソリンを満タンにして都内にて相棒を拾う。
そして一路新潟へ。




S190119_001704.jpg
群馬県と新潟県の県境あたりから雪が降り出し、湯沢に入るころにはゴン降りの雪に。




S190119_002401.jpg
コンビニで酒と食料品を買い、岩原スキー場の駐車場へと向かう。




S190119_013629.jpg
ここ、岩原スキー場の日帰り客用駐車場は、路面に常に水が流れており、雪が積もらないので安全に車中泊が出来て最高なのだ。




S190119_090638.jpg
翌朝、リフトも動き出したようなので、早速ゲレンデへと。
夜のうちに結構降ったみたいで、パウダーに期待が!!!




S190119_103149.jpg
とりあえずは頂上へと。
眼下には一面のパウダースノーが!!
これは最高だ( *´艸`)




S190119_103155.jpg
では、早速!




S190119_103228.jpg
なんだか、ものすごい雪の深さだ。
どのくらい深いかというと・・・。




S190119_105719.jpg
フロントから突っ込んでいくと、ハンドルの辺りまで雪が来るほどだ。
足も潜っていくし、止まると抜け出すのが大変だ。




S190119_110042.jpg
相棒のシンペー君も大分難儀している。
とにかく雪が深すぎるのだ。




S190119_120423.jpg
でも、こけても全く痛くないし、とにかく雪が深くて楽しくて仕方がない。
時間を忘れて滑りまくる。




S190119_120952.jpg
お昼を過ぎ、天候も回復してきた。




S190119_124940.jpg
ゲレンデは午後になり、だいぶボコボコになってきたが、まだまだ十分なパウダーだ。




S190119_125452.jpg
これだけ長い時間、パウダーを滑れる日も珍しい。




S190119_133526.jpg
でも、何度もこけてるので抜け出すのに体力を使い、クタクタだ。




S190119_155112.jpg
それでも時間いっぱい滑ったので、そろそろ撤収することに。




S190119_161537.jpg
クタクタになった後は、運転のお楽しみが待っているのだ(^^)/




S190119_164456.jpg
とりあえず、雪道を走りたいので、国道17号から三国峠に向かう。
路面に雪は無かったが、雪壁にテンションが上がる。




S190119_174407.jpg
そして、苗場スキー場近くの温泉へと立ち寄った。




S190119_174814.jpg
ここは初めて寄ったのだが、迷宮のような造りに萌える。
値段は 1000円と、ちょっと高めだけど、露天風呂も大きくて最高( *´艸`)




S190119_233745.jpg
その後はいつも通り、国道17号を南下し、257号経由にて環七へ。
無事に横浜へと帰還しました。

関連記事

OBD2スキャナーを買ってみた  2019-01-22

ハイエースを整備するために、OBDスキャナー買ってみた。
車両診断コネクター(OBDコネクター)に接続するだけで、故障コードの表示や消去だけじゃなく、リアルタイムのデータを見たりも出来るので、今後、いろいろと活用出来るだろう。


O190115_202842.jpg
Amazonなどで数千円程度で売られているOBDスキャナは、最近の世界標準規格の車や、規格化が早かった外車に使用する分には全く問題ない。
しかし、独自規格を運用し、世界標準規格化が遅かった日本車の場合、使えないことも多い。
特に、ハイエース200系は設計から年月が経っているので、CAN対応の OBDスキャナーでないと、正常に動かないという情報を得た。
そこで、EOBD2 や JOBD2 だけでなく、CANにも対応を謳っているこの機種を購入したのだ。
価格は Amazonにて 23,000円だった。




O190115_202848.jpg
本体には、USBのMINI B端子と、セントロニクス準拠の 25PINコネクター(いわゆる、D-sub25pin)が。
このコネクターに、車両の OBD2コネクターがつながることになる。
セントロニクス準拠コネクターは、パソコンの黎明期に多用されており、最近はめっきり見ることもなくなったと思っていたが、このような産業用機器でしぶとく生き残っているようだ。




O190115_202904.jpg
本体には単三乾電池 3本を入れることが出来る。
基本的に車両からの電源で動作するようだが、OBDスキャナーで電池が入る物は初めて見た。
車両と接続しなくても電池で電源を入れることも出来るのだが・・・。




O190115_203335.jpg
車両とつながないと、履歴を見るくらいしか使いようが無い・・・(^^;




O190115_203647.jpg
という事で、早速車両の OBDコネクターとつないでみることに。
先日調べてもらった時のエラーが残っているはずだ。




O190115_203759.jpg
ハンドル下側にあるOBDコネクターにコードを接続し、エンジンキーを ONにする。
取扱説明書によると、過去の故障コード (DTC = Diagnostic Trouble Code)の読出しはエンジンをかけなくても良いようだ。




O190115_203805.jpg
メーカー名一覧から TOYOTA を選び、スキャンを開始する。



O190115_203851.jpg
この機種は車両メーカーを得選ぶと、自動的にプロトコルの選択をするようだ。




O190115_203916.jpg
スキャンが終わったので、故障診断コードを見てみる。
ちなみに診断コードは、メーター内のインジケーターが消えても、消去しない限り、そのまま車両に記録されている。
また、ここに表示されているコードは基本的に共通コードなので、ネットや書籍でも確認可能だ。




O190115_203917.jpg
ハイエースの修理書にももちろんコードの概要や対応方法、修理方法が記載されている。




O190115_203945.jpg
まあ、このエラーは既に解消しているはずなので、エラー履歴は削除してしまう。
DTC消去ボタンを押し、OKするだけの簡単操作だ。




O190115_221110.jpg
その他の機能としては、ライブデータの取得が可能だ。




O190120_180552.jpg
各種センサーや車両の状況がリアルタイムで数値化可能で、グラフ表示も出来るようだ。
ただ、運転中にこれらをモニタリングしたいのであれば、OBD2接続可能な多機能レーダー探知機や、スマホアプリを利用したモニタリングシステムを構築したほうが、ビジュアル的にも楽しいし、便利かも知れない。

2024年からは、車検時に OBD2を使用し、DTCコードによっては車検に通らなくなるという話もあるので、ユーザー車検で車検を通している人や、自宅で車いじりをする人は、こういう機器を 1台持っておくのも良いのかも知れない。

関連記事
前のページ 次のページ