Digital Artworks TeeART Blog.

デジタルから穴ログまで、日々の改造・探索を綴ります ((((っ´ω`)っ

打刻印買ったので、プレス打ち込み用の治具作ってみた  2019-04-26

金属に英字や数字を打刻できる刻印が Amazonで安く売っていたので買ってみた。


met190424_201640.jpg
購入した刻印は文字サイズ 8mmの物で、送料込みで 2000円程度だった。




met190424_201641.jpg
適当なアルミ端材を整形し、早速刻印を打ち込んでみた。
打ち込みは、金づちで叩くのではなく、プレス機を使用した。
手で刻印を抑えながら作業したのだが、プレスに刻印を固定できる治具があれば便利そうなので早速治具を作ってみた。




met190424_201646.jpg
治具はプレス機の先端に取り付けるので、適当な丸棒を加工していく。




met190424_203229.jpg
穴を広げていき・・・。




met190424_210222.jpg
プレス機の先端に取り付けできるように加工。




met190424_210306.jpg
下側には小さな穴を開け、刻印が刺さるようにするのだ。




met190424_210342.jpg
刻印のサイズは 8mmなので、とりあえずは 8mmの穴を開ける。




met190424_210556.jpg
外周はどうでもよいのだが、適当な意匠を付けておいた。




met190424_211210.jpg
刻印を差し込む穴は貫通しているが、プレス機本体の押し棒に当たるので問題は無いはずだ。




met190424_211256.jpg
8mmの穴を開けたので、もちろんそのままでは刻印は刺さらない。




met190424_213831.jpg
そこで、穴を刻印の対角線サイズに合わせて、やすりで削っていく。
四角く仕上げておかないと、刻印がクルクル回って使い勝手も悪そうだし。




met190424_214120.jpg
刻印が刺さるサイズまで加工で来たので、早速打刻してみる。




met190424_214229.jpg
適当なアルミの切れ端をセットして、プレスしてみる。




met190424_214346.jpg
お~!!
フリーハンドで打ち込むのに比べ、位置合わせがめちゃくちゃ簡単だ。

という事で、端材を削ってタグでも作ってみよう。




met190424_214347.jpg
ある程度四角く切り出したアルミ片を用意して・・・。




met190424_214348.jpg
キーリング用の穴を開け、平やすりにて適当に整形。




met190424_214349.jpg
あとは、ひたすら紙やすりで気が済むまで削っていく。




met190424_214350.jpg
アルミは柔らかいので 10分程度でこのくらいの形になる。
と言っても、10分も削り続けるのはかなりの労力なんだけど。
240番→400番 程度で磨き、ここで文字を打刻する。




met190424_214355.jpg
打刻後、仕上げにピカールで磨いてやれば、こんな感じのタグが完成!!




met190424_214359.jpg
手間は結構かかるけど、費用はほとんどゼロで出来ちゃいます!

ちなみに、鏡面仕上げにすることも可能だけど、あまりピカピカに磨き上げると安っぽくなっちゃうので、このくらいの仕上げにしてみました (^^)/

関連記事

チョイノリを太足にしてみた   2019-04-15

ハイエースの記事や、探索記事を待っている方には申し訳ないが、またまたチョイノリの記事なのである。
と言うわけで、絶賛マイブーム中のチョイノリのリアタイヤを、モンキー用の極太タイヤで太足化してみた。


cho190413_163523.jpg
ヤフオクで落札し、届いたモンキー用のタイヤ。
今回は、リアタイヤをチョイノリに取り付けてみようと思う。




cho190413_163524.jpg
とりあえずノーマルタイヤを取り外す。




cho190413_163610.jpg
そして、モンキーのタイヤを無理矢理押し込んで、合わせてみる。
うん、いろいろな所が当たるし、どうにもならなそう(*´д`*)




cho190413_164020.jpg
どうにもならない原因は、もちろんリアタイヤを支えるフレームの幅が狭いから。
ならば、広くすれば良いのだ。
と言うことで、パンタジャッキを差し込んで、フレームを押し広げていく。




cho190413_164033.jpg
左右の開きが同等になるように、何度もジャッキをかけ直して広げていく。




cho190413_164609.jpg
何度も計測しながらリア周りのフレームを開いていくと・・・。




cho190413_165947.jpg
なんと、すんなりとモンキーのホイールが入るようになった。
ちなみに、アクスルの太さがチョイノリ純正の 10mmに対して 2mm太くなったので、左右の穴の大きさを広げ、モンキー用ホイールのアクスルを差し込んだ。




cho190413_171106.jpg
しかし、ドライブスプロケットをかなりオフセットしないと、チェーンラインが出なさそうだ。
そのようなスプロケットも存在するようだが、かなり高価だ。




cho190413_171122.jpg
そこで、チェーンラインを合わせるために、エンジンを右側に 12mm程度オフセットすることにした。
これなら、ボルトにカラーをかませるだけで、簡単だ。




cho190413_173333.jpg
エンジンオフセット用のカラーを旋盤で削り出す。




cho190413_173925.jpg
これを 12mmずつ、切断していく。




cho190413_174631.jpg
よし出来た。




cho190413_175043.jpg
一旦エンジンを降ろし、カラーを挟んでオフセットさせ、取り付けていく。




cho190413_175628.jpg
どこにも干渉せず、いい感じでオフセット出来た!!




cho190413_180358.jpg
右手に 12mm動かしただけだが、念のため配線や配管類をチェック。
特に問題無さそうだ。




cho190413_183646.jpg
続いて、リアブレーキをなんとかする。
モンキーのチェーンラインは左側。
チョイノリのチェーンラインは右側。
そう、モンキーのホイールを左右逆に取り付けているのだ。




cho190413_184111.jpg
アルミを削って、こんなパーツと・・・。




cho190413_185300.jpg
こんなパーツを作ってみた。




cho190413_185627.jpg
ブレーキラインはチョイノリのままだが、モンキーホイールのブレーキと上手くつながった。




cho190413_190749.jpg
スタンドを上げ、転がしてみた所、センタースタンドのゴムがタイヤに微妙に干渉していたので、ゴムを取り外して代わりにボルトを取り付け。




cho190413_200312.jpg
ちなみに、エンジンをオフセットしたので、マフラーの取り付け箇所も同様にオフセットしておいた。




cho190414_100329.jpg
休憩しながら、車体を眺めてみる。
うーん、純正のテールランプのナンバー裏のプラスチックが今ひとつだな。




cho190414_101031.jpg
そこで、ナンバー取り付け箇所を残し、ばっさりと切断。




cho190414_101302.jpg
そして、ネジ留め出来るように、裏の出っ張りを削り落とす。




cho190414_101543.jpg
テールランプは、どんな感じに取り付けようかな。




cho190414_102023.jpg
とりあえずは、前回作ったステーが細すぎで、衝撃でしなっていたので、もっと太い鉄棒にて作り直すことに。




cho190414_105557.jpg
こないだ作った曲げ器 で鉄棒を曲げ、ワッシャを溶接。




cho190414_110400.jpg
そして、角度を合わせ、テールランプ取り付け穴を開けたフラットバーを溶接。
色はつや消し黒で塗っておこう。




cho190414_112346.jpg
塗料が乾くまでの間、タイヤを組み替える。
チョイノリに取り付けるとローテーションが逆になっていたので、タイヤの向きを合わせるのだ。




cho190414_113752.jpg
ここで、リアアクスル周りの最終調整。
チェーンラインを考えながら、フレーム位置を微調整した。
と言っても、パンタジャッキで開いたり、ハンマーで叩いたりの荒技だけど(*´д`*)




cho190414_115847.jpg
今度はアクスル用のカラーを作る。




cho190414_125848.jpg
そして、カラーを挟み込んでアクスルを固定。




cho190414_133527.jpg
微調整した際、左側のフレームを更に 8mm程外側に広げたので、エンジンと繋がる部分のカラーは 20mmの物を作製。




cho190414_134757.jpg
これで、フレームの位置も、無理な力がかからずに決めた位置で固定出来る。




cho190414_134805.jpg
アクスルの前後位置を調整するパーツは、チョイノリ純正の穴を広げて使用した。
外側にもカラーを挟んであるのは、モンキー用のアクスルの長さが長すぎたので、とりあえずの処理だ。
ねじ切りしようとしたら、M12の P1.25のダイスが無かったのだ。




cho190414_141619.jpg
塗装したテールランプのステーが乾いたので、取り付ける。




cho190414_150338.jpg
と言うことで、とりあえずはリアのみだが、いい感じで取り付け出来た。




cho190414_150607.jpg
後ろから見ると、リアタイヤが目立って、いい感じだ( *¯ ꒳¯*)




cho190414_150637.jpg
ホイールベースを伸ばそうかとも思っていたのだが、このくらいの方がバランスが良いかもしれない。




cho190414_160558.jpg
最後の仕上げにチェーンを取り付け。
サイズは 420だが、見た目がごついチェーンを見つけたので、買ってみた。
と言っても、Amazonで送料込み、600円!! ( ^ω^)




cho190414_160759.jpg
心配していたチェーンラインもバッチリ。
7mmオフセットしたドライブスプロケットを取り付けたので、エンジンのオフセットと合わせて、 19mm外側になっているはずだ。
早速、近所をぐるっと乗ってみた所、ブレーキも問題無さそうだった。
しかし、前回ドリブンスプロケットを小さい物にし、今回ドライブスプロケットを大きくしたので、ただでさえ遅い発進が、更に遅くなっていた。
最高速は伸びそうだけどね。 ← 試してない




cho190414_212447.jpg
雨も降ってきたので、散らかりまくっていたガレージ内の掃除を。
そのついでに、溶接機やプラズマカッターをいつでも使えるように、作業台の下に設置。
思いつきで作ったガレージ だけど、だんだんと使いやすくなってきた( *¯ ꒳¯*)

関連記事

ヤマハビーノをバラバラにしてみた  2019-04-12

自宅の裏に長いこと放置してあったヤマハのビーノ。
2ストできびきびと走っていたのだが、マフラーのエキパイ割れにより不調となり、そのまま廃車してしまっていた。
そのまま捨ててしまうのももったいないので、再利用可能な部品を確保するために、今回、ビーノをばらばらに分解してみた。


choi190331_120250.jpg
見た目はそれなりだが、満身創痍のビーノ。
ネジ類や、何かに使えそうな部品を回収しつつ、ばらばらにしていこう。




choi190331_120757.jpg
とりあえずは、上部から順番に、外せる部品をどんどんと外していく。




choi190331_130400.jpg
外したカウル類は、傷や割れもあり、再利用も出来なそうなので、砕いてゴミ箱行き。




choi190331_130406.jpg
ワイヤーや補器類は、いろいろと再利用できそうなので、丁寧に分解していく。




choi190331_134358.jpg
ただでさえ狭いガレージ内にビーノを持ち込んで分解しているので、チョイノリがどんどん奥へと追いやられていく (^^;




choi190331_134402.jpg
だんだんと、骨組みだけになってきた。
2stオイルタンクは中身を回収し、廃棄。
ガソリンタンクは、何かに使えそうなので、中身を回収し、保管することに。




choi190331_141224.jpg
そして最後にエンジンやサスペンションを取り外す。




choi190331_142756.jpg
これでフロントフォークを抜けば、完全にフレームだけになる。




choi190331_142803.jpg
キャブレターは完全に固着しているが、エンジンは、キックも降りるので、部品取りにはせずに、とりあえずはそのまま保管することに。




choi190331_152510.jpg
残されたフレームは・・・。




choi190331_152519.jpg
プラズマカッターで細かく切断し、金属ゴミとして捨ててしまおうか。




choi190331_154210.jpg
と思い、切断してみたのだが、パイプ部分が何かに使えるかもしれないと、ガレージ裏にしばらく積んでおくことにした。
ちょっとした金属が、ステーを作ったりするのに役立つことがあるのだ。




choi190331_154214.jpg
という事で、ネジ類も大量に手に入ったし、再利用出来そうなパーツもあるし、何より、置き場所も空いたし、なんだかすっきり!!!


関連記事
前のページ 次のページ